【ベターッと開脚】「Eiko式開脚ストレッチ」で柔軟性は上がるのか?

2016年の終わりにかけて、ヨガインストラクターである「Eiko」さんが出版した【どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法】が大ブレイクしました。

ハテナちゃん
あ!この本、わたしも読みました!

どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

Tomy
「開脚」に特化した内容で面白かったですね!
ハテナちゃん
でも、本当に誰でも開脚ってできるようになるんですか??
Tomy
ここは賛否両論あったところですね。では今回はこの「開脚ストレッチ」について考えていきましょう!



「どんなに体がかたい人でも…」は本当!?

そもそも、この本のタイトルは「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」です。

では本当に「どんなに体がかたい人でも」ストレッチを続けていけば、ベターっと開脚することはできるようになるのでしょうか?

。。。

単刀直入に言えば「できる」ようになる、と思います。

Tomy
怪我や病気などによる「機能障害」を起こしていない方であれば、きっと「できる」ようになる…はずです!

筋肉の伸びに関しては

  • 「筋束は、休息状態の長さに比べると150%も伸びることができる」(Wang et al,1991)
  • 「筋が構造上に制限なくリラックスしていて、結合組織が正しくストレッチングされているならば、どんな選手でもフルスプリット(完全前後開脚)はできるようになる」(Michael J.Alter)

などの過去文献も存在しています。

 

<身体の硬さは何が原因?>

ハテナちゃん
そうなんですね。。でもわたし、開脚できないです…
Tomy
おそらく現代人の多くはできないと思います。しかしこれは悪いことでなく、日常生活で活用しない動きだからできなくなっているだけです。
ハテナちゃん
たしかに。。仕事中に開脚することなんてないですもんね。。

肩をぐるぐる回してバンザイできるのと同様に、股関節をぐるぐる回して開脚できるのは本来の機能的観点から見れば”当たり前”のことです。

ただ、股関節というのは、

  • 体重を支えるために筋肉の硬直が起こりやすい
  • 日常生活では大きな可動域を必要としない

箇所であるため、筋肉を取り巻く靭帯・腱・筋膜といった結合組織も非常にこわばりやすい環境にあります。

その結果として、股関節の動きに制限が起きているわけです。

ハテナちゃん
言われてみれば、小さい子供はなんなく開脚できますもんね。
Tomy
そうなんです。怪我や病気でなければ、身体のかたさの原因はほぼ「生活習慣」です。

つまり「動かしてこなかった過去」が今の体を作っているわけです。

ハテナちゃん
とほほ。。反省。
Tomy
逆に考えれば、これから動かすようにすれば徐々に動くようになる、ということですよ!
ハテナちゃん
たしかに…!これから頑張ります!

 

どんなストレッチをしていくべきか?

ハテナちゃん
じゃあ実際にどんなストレッチをしていけば開脚ができるようになりますか?
Tomy
いい質問ですね!その答えがまさしく「Eiko式ストレッチ」です。

<Eiko式ストレッチについて>

開脚ができるようになるためには

  1. 「骨盤が立つかどうか」
  2. 「ハムストリングス・内転筋の柔軟性が十分かどうか」

この2点が特に重要になります。

この本の中でEikoさんが紹介しているストレッチは非常に合理的です。

まずは「股割り」で股関節を広げ…

w621_d0019916_17322054

そこから「座位」で片足ずつ伸ばしていき…

kaikyaku

最終的にドアの空間を使いながら股関節を広げていく…

w621_d0019916_17341388(いずれもrodolfo.exblog.jpより)

とてもシンプル動きですが、開脚に欠かせない要素がきちんと盛り込まれています。

ハテナちゃん
へぇ〜、意外と簡単なストレッチなんですね!
Tomy
本の中にはこのストレッチ以外のやり方も載っています。お風呂上りにちょっとずつ続けていきましょう!

 

<どのくらいでできるようになるか?>

ハテナちゃん
実際に「どのくらい」やれば、ベターっと開脚できるようになりますか?
Tomy
それは難しい質問ですね…。

どのくらいの期間で体が柔らかくなるか…というのは、個人差がありすぎて一概には言えません。

人間の身体では常に「生まれ変わり」が起こっています。

筋肉であればおよそ「60日」で生まれ変わりますが、筋膜の半減期(組織の半分が新しくなる期間)はおよそ「300日」とも言われています。

運動不足で体がガチガチの人は、柔らかくなるまでにそれこそ「年単位」の月日が必要になってくることも覚悟しておかなければなりません。

成果を焦ることなく、長い目で見て”継続的”にストレッチをしていきましょう。

Tomy
ストレッチはとにかく「継続」が大事です。

 

まとめ

「柔軟性」というのすべての人が習得できるスキルです。

しかし、できるようになるまでの過程は簡単なものではありません。

ハテナちゃん
できる・できないは、できるようになるまで続けられるかどうか、にかかっているわけですね!
Tomy
その通りです。なるべくお風呂上がりなどの体温が高いときを狙ってコツコツと継続してみてください。

そうすればきっと「どんなに体がかたい人」でも「ベターっと開脚」はできるようになると思います。

興味のある方はこちらもぜひ→【どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員