【筋膜の特徴】「筋膜」にある3つの特徴とは??

最近、「筋膜」「筋膜リリース」といった言葉を雑誌やテレビでよく見かけるようになりました。

ハテナちゃん
この間も雑誌で特集されているのを見ました。

筋膜って最近見つかったものなんですか?

あまり耳にしなかった「筋膜」という存在ですが、そもそも発祥は

  • オステオパシー(整骨医学)の創始者であるAndrew Taylor Atill(アンドリュー・テイラー・スティル:1828~1979年)
  • ロルフィングの創設者であるIda P Polf(アイダ・P・ロルフ:1898~1979年)

の2人だと言われています。

Tomy
存在は認められながらも、筋肉の調査や解剖時に”邪魔な白い梱包材”として扱われていたのが「筋膜」の歴史なんですね。

今日は近年再び注目を浴び始めたこの筋膜の特徴についてまとめていこうと思います。



筋膜とは何か?

筋膜というのは、膜性の結合組織の”総称”です。

一言で「筋膜」と言っても

  • 筋線維を覆っている「筋内膜」
  • 筋束を覆っている「筋周膜」
  • 筋肉全体を覆っている「筋外膜」
  • 筋肉と脂肪の間に存在している「深筋膜」
  • 脂肪と皮膚の間に存在している「浅筋膜」

以上の5種類の膜を総称して「筋膜」と呼んでいます。

Tomy
骨膜関節包なども合わせて「筋膜」とする場合もありますね。

structure-and-the-name-of-the-muscle(引用:health-to-you.jpより)

筋膜の構成成分は主に「コラーゲン線維」です。

コラーゲン線維は”棒状”のたんぱく質線維のため、材質的に硬く、伸び縮みすることはできません。

このコラーゲン線維を要所要所で束ねているのが「エラスチン線維」です。

こちらは”ゴム状”の線維のため、単独での伸び縮みが可能です。

Tomy
硬くて頑丈な「コラーゲン」を、弾力性のある「エラスチン」が束ねているんですね!

erastin_01[http://www.0120189076.com/products/erastin.html]

筋肉が伸ばされると、コラーゲン線維もエラスチン線維も同様に伸ばされます。

「小さな伸び」に対してはエラスチン線維が対応し、「大きな伸び」に対してはコラーゲン線維が”配列を変化させる”ことによって対応しています。

Tomy
伸ばされると、入り乱れていた線維の方向が整うわけです。

IMG_2053(引用:関節可動域制限―病態の理解と治療の考え方より)

筋膜はこのようにして筋肉の動きに対応しています。

 

【筋膜が硬くなるってどういうこと?】

ギプス固定などで関節を動かさない状態が長期間続くと、筋膜がこわばってきます。

ハテナちゃん
筋膜ってこわばったり、硬くなったりするんですね!
Tomy
これはコラーゲン線維が重なり合い、”癒着する”ことによって起こると考えられています。

癒着が起こってしまうと線維の配列が乱れ、動きに合わせた「構造変化」が起きにくくなります。

これによって、筋膜の伸びが悪くなります。

img_2062(引用:関節可動域制限―病態の理解と治療の考え方より)

一説では柔軟性の「41%」が筋膜の動きに起因しているとも言われているので、筋膜を柔らかい状態に保っておくことは非常に重要です。

 

筋膜の3つの特徴

次に「筋膜の特徴」について見ていきましょう。

筋膜には以下の3つの特徴があります。

  1. 連続性
  2. 可塑性
  3. 感受性

では1つずつまとめていきます。

 

<①連続性>

まず1つ目は「連続性」です。

ハテナちゃん
連続性…?

筋膜は「筋肉を骨に結合させている」というイメージを持ちがちですが、筋膜付着部のおよそ”30%”「隣接する筋筋膜」に直接結合しています。

つまり、筋膜から筋膜へ…そしてまた筋膜へ…と「筋膜同士」をつなげることによって、全身が1つの束になっています。

Tomy
「アナトミートレイン」の連動性もこの筋膜の性質によって成り立っているわけですね。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

筋膜はその構造ゆえに”動き”を生み出すことも可能です。

筋肉の収縮にはエネルギーを必要としますが、筋膜は「張力」によって動きを作るので、必要最小限のエネルギーで運動を起こすことができます。

運動の効率性を上げるために、非常に重要な役割を担っています。

 

<②可塑性>

2つ目は「可塑性」です。

ハテナちゃん
かそせい、って何ですか?

可塑性というのは「個体に力を与えて変形を加えた時、力を取り去っても歪みがそのまま残る性質」のことをいいます。

Tomy
イメージでいうと「低反発クッション」「アルファゲル」の性質です。

Unknown-2

前述したように、筋膜はコラーゲン線維の「配列変化」によって”伸び”を生み出しています。

したがって大きな構造変化が起こった場合、すぐには元に戻れません。

また逆もしかりで、大きな配列変化を起こすためにはそれなりに時間を必要とします。

Tomy
一説では「筋膜の構造変化を起こして柔軟性を上げるためには、90秒以上の伸展維持が必要だ」という意見もあります。

筋膜が硬くこわばってしまっている場合には、反動をつけるようなストレッチではなく、ゆっくりじっくりと伸ばしていくストレッチが有効です。

 

<③感受性>

3つ目は「感受性」です。

ハテナちゃん
感受性…?筋膜って感覚を感じるんですか?
Tomy
意外かもしれませんが、筋膜には筋肉組織の「約6~10倍」もの”感覚神経受容器”が備わっています。

特に「浅筋膜」と「深筋膜」の間の空間には、自由神経終末機械受容器が非常に多く密集されています。

img_1863-300x225(引用:ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニックVol.1 -肩、骨盤、下肢・足部-より)

「感受性が高い」というのは、すなわち「痛みを感じやすい」ということです。

切り傷や打ちみなどの外部からの刺激はもちろん、伸ばした際に感じる痛みの大部分もこの筋膜で感知されています。

Tomy
つまり、筋膜をゆるめてあげないとストレッチをしたときの「痛み」はとれてこないわけです。

 

…筋膜のこと、少しお分かりいただけたでしょうか?

 

まとめ

再度まとめると、筋膜の特徴は

  1. 連続性
  2. 可塑性
  3. 感受性

の3つになります。

筋膜の硬さはストレッチ時のストレスにもなりかねないので、しっかりとゆるめておくことが大切です。

「筋膜」や「筋膜リリース」を勉強したいという方はまず【ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニックVol.1 -肩、骨盤、下肢・足部-】を一読されることをオススメします。

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

<オススメのケアグッズの紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】