【トリガーポイントの原因】トリガーポイントを生み出す5大要因とは?

ハテナちゃん
トリガーポイントが生まれる原因って何ですか?

トリガーポイントというのは「筋組織内にできる硬結点」のことです。

このポイントは筋膜を通じて全身の各箇所に「関連痛」を引き起こします。

今日はこの「トリガーポイントが生まれる原因」についてまとめていこうと思います。



トリガーポイントが生まれる原因

トリガーポイントは筋肉内にできる小さな塊です。

1回の大きな刺激によってできてしまうこともあれば、慢性的な筋肉の使いすぎによってできてしまうこともあります。

様々な原因が考えられますが、大きく分けると

  1. 身体的要因
  2. 姿勢的要因
  3. 栄養的要因
  4. 代謝的要因
  5. 心理的要因

の5種類に分けられます。

では1つずつ見ていきましょう。

 

<①身体的要因>

身体的要因は

  • 足の長さの違い
  • 骨盤バランスの乱れ
  • 常に屈曲した手首

などによって、ある特定の筋肉に負担をかけ続けることが原因となっています。

ただ生まれながらにしての身体的特徴から生じることはそう多くありません。

たいていの場合、偏った体の使い方による慢性的な疲労が原因であるとされています。

例えば、慢性的にこわばった腰や臀部の筋肉は、体の一端を引き上げてしまいます。

それによって骨盤のバランスが乱れ、結果としてその側の足が短くなります。

Tomy
日常的な行動と密接につながっているわけですね。

原因となっている環境を変えない限り、何度も再発する可能性がありますので注意が必要です。

 

<②姿勢的要因>

2つ目の要因は「姿勢」です。

不適切な

  • ソファ
  • 椅子
  • 車の座席

などを長時間使用することによって、特定の筋肉に負担をかけ続けてしまうことが原因です。

しかしながら、緊張を強いる姿勢・不自然な姿勢は長い間継続すると、体がその負荷に慣れてしまいます。

それによって、負荷がかかっていることに気づかないことも起こりえます。

ハテナちゃん
慣れてしまうと気づけなくなるんですね。

通常、負荷のかかっていない筋肉は柔らかい状態を保ち続けます。

筋肉が硬い状態というのは、何らかの負荷を受けて、緊張しているということです。

まずはその負荷に気付くことが大切です。

 

<③栄養的要因>

3つ目の要因は「栄養」です。

筋肉を適切に働かせるためには

  • 糖質
  • たんぱく質
  • 脂質
  • 水分

だけでなく、

  • ビタミン
  • ミネラル

などの補助的栄養素が必要になります。

ハテナちゃん
具体的にはどんな栄養が必要なんですか?

例えば、神経から筋肉にうまく指令を送るためには、筋組織内の「カリウム」「ナトリウム」のバランスが重要です。

また「カルシウム」が不足すると筋肉は収縮しなくなり、「マグネシウム」が不足すると筋肉は収縮したままの状態となります。

他にも「鉄分」は栄養素や酸素を運ぶ上でも必要な存在です。

これらの栄養素不足は、筋肉の異常な収縮・脱力を生み出し、トリガーポイントを作り出してしまいます。

 

<④代謝的要因>

4つ目の要因は「代謝」です。

筋肉の活動は、神経だけでなく「ホルモン」の影響も大きく受けています。

ホルモンの分泌量が乱れると、筋肉の興奮性が増し、トリガーポイントができやすくなると言われています。

また代謝異常に伴う「低血糖」状態も、筋肉のこわばりをまねくことがあります。

Tomy
筋活動とは一見無関係に見える代謝も、トリガーポイントの形成に影響を与えているんですね。

 

<⑤心理的要因>

5つ目の要因は「心理(精神状態)」です。

緊張や不安、イライラなどが日常的に起こっていると、交感神経が優位となり、筋肉も緊張状態を強いられます。

首周りや肩周りの緊張は、呼吸を浅くし、さらに筋肉を緊張させることがあります。

精神的なリラックス・深い眠りは、トリガーポイントを消失させる上でとても大切な要素なのです。
 

まとめ

今回はトリガーポイントの原因についてまとめてみました。

トリガーポイントは単に筋疲労だけが原因となっているわけではありません。

  1. 身体的要因
  2. 姿勢的要因
  3. 栄養的要因
  4. 代謝的要因
  5. 心理的要因

などが組み合わさって作り出されます。

生活全体を見直すことが大切なんですね。

ではでは今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員