【柔軟性低下とストレッチ】筋肉が硬くなるってどういうこと?

ハテナちゃん
体が硬くなるってどういうことなんですか?

最近めっきり運動をしなくなった…長時間のデスクワークをしている…

気づいたら「あれ、いつの間にこんなに硬くなったんだろう?」

そんな経験、ありませんか?

人の身体は適切な刺激を与えないと徐々に硬くなっていきます。

今日は「筋肉が硬くなる仕組み」を少しだけ”専門的”に見ていきたいと思います。



筋肉が硬くなる仕組み

筋肉の変化には以下のような流れがあります。

  1. 筋肉の長さが短くなる
  2. 筋肉のサイズが小さくなり、線維化する
  3. 静止張力が上がり、伸張反射が起きやすくなる
  4. 血管が圧迫され、さらに硬さが増していく

では1つずつ順を追って説明していきます。

 

<①筋肉の長さが短くなる>

ハテナちゃん
筋肉の長さって変わるんですか?

筋肉の中には「筋節」という節があります。

筋肉は張力に応じてその数を増減させることで長さを調節しています。

Tomy
竹の節をイメージするとわかりやすいですね。

(引用:language-of-flowers.comより)

当然、伸ばされる刺激の頻度が増えれば長くなり、短いまま固定される時間が長くなれば短くなります。

運動しない、ストレッチしない…毎日が続いてしまうと、気づかぬうちに筋肉の長さがわずかに短縮してしまうことがあります。

 

<②筋肉のサイズが小さくなり、線維化する>

筋活動量が減ると「筋線維サイズの縮小」「筋線維数の減少」が起こります。

この筋肉のボリューム(容積)が減少することを「筋萎縮」と呼んでいます。

Tomy
使わない筋肉は少しずつ萎縮し、小さくなっていきます。

萎縮が起こると、筋線維間の隙間が大きくなっていきます。

ハテナちゃん
隙間ができてスカスカになっていくイメージですね。

するとその隙間を埋めるべく、筋周膜や筋内膜といった筋膜が”肥厚”することが確認されています。

この状態を骨格筋の「線維化」といいます。

線維の柔軟性は乏しいので、線維化が進行すると筋肉の柔軟性自体も低下してしまいます。
 

<③静止張力が上がり、伸張反射が起こりやすくなる>

  • ①「筋肉の長さの短縮化」
  • ②「筋萎縮による線維化」

がともに進行すると、単純に”筋肉の長さが足りなくなる”ことで静止張力が上がってしまいます。

静止張力が上がるということは、平常時において「筋線維が伸ばされた状態になる」ということです。

これによって「伸張反射」が起こりやすい環境になります。

Tomy
「伸張反射」は筋肉の防御反応の1つであり、グッと伸ばされた時にギュッと縮む反応です。

伸張反射の起こりやすさは、不要な「力み」を生じさせます。

力が入ってしまうということは、それだけ筋肉を硬くすることにつながります。

 

<④血管が圧迫され、さらに硬さが増していく>

筋肉が硬くなれば、筋肉内の血管に対する圧迫が強くなります。

これによって局所的な血流の低下、虚血状態が生まれます。

収縮し硬くなっている筋線維をゆるめるためには、カルシウムを除去するためのエネルギー(ATP)が必要です。

Tomy
筋線維(ミオシンとアクチン)の連結は、筋肉内のカルシウム濃度に依存します。

連結を外すためにはカルシウムを回収して濃度を下げなければいけません。

しかし、血流の低下が進行すると新しいエネルギー(ATP)も入ってこない環境になってしまいます。

「筋肉を緩ませたい…でも緩ませるために必要なエネルギーがない」わけです。

この虚血状態がさらに続くと、発痛物質である「ブラジキニン」が生成され、痛みも出てきます。

痛みは交感神経を刺激して、さらなる筋肉の緊張を招いてしまいます。

…まさに負のスパイラル。硬さの連鎖が止まらなくなってしまうのです。

 

ストレッチにできること

ハテナちゃん
この負のスパイラルを抜け出すにはどうしたらいいんですか!?

この負のスパイラルを止められるのが「ストレッチ」による効果です。

ストレッチを継続的に行うと

  • 筋萎縮を抑制できる
  • 血液循環を促進できる

という大きなメリットがあります。

マッサージは「血液循環の改善」にはアプローチできても「筋萎縮の抑制」にはアプローチできません。

筋肉が硬い人はマッサージに頼りきるのではなく、少しずつストレッチを行っていくことが大切なのです。

Tomy
ストレッチは柔軟性を上げるうえで必要不可欠ですね。

 

まとめ

運動やストレッチをほとんどしないと

  1. 筋肉の長さが短くなる
  2. 筋肉のサイズが小さくなり、線維化する
  3. 静止張力が上がり、伸張反射が起きやすくなる
  4. 血管が圧迫され、さらに硬さが増していく

という「負のスパイラル」が起こってしまいます。

この連鎖を止めるためには「ストレッチ」が有効です。

ぜひ正しい知識を習得して、身体のケアに励んでください。

ではでは今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員