【性別とストレッチ】なぜ女性のほうが柔軟性が高いのか?

ハテナちゃん
女性って男性よりも体が柔らかいイメージがあります。それってどうしてですか?

一般的には、女性の方が男性よりも柔軟性が高いといわれています。

これは「関節の構造」「ホルモンの分泌」などが影響を与えています。

今日は「女性のほうが柔軟性が高い理由」について考えてみたいと思います。



 

関節の構造による影響

男女の体の構造の中で、最も形態が異なるのは「骨盤」です。

女性の骨盤は男性よりも横幅が広く、大きい構造になっています。

Tomy
骨盤底部の「恥骨下角」の大きさが全然違いますね。

(引用:すこやか整体院より)

女性の骨盤は大腿骨につながる股関節部分も幅広で厚みが少ないため、関節内に大きな遊びがあるという特徴があります。

これが大きな可動域を生み出し、柔軟性の高さをもたらしています。

 

また女性によく見られる体の特徴で「肘関節の過伸展」があります。

これは女性の肘頭突起上部の局面が、男性よりも短いことによって起きています。

ハテナちゃん
猿手とも呼ばれ、よく見られる症状ですね。

(引用:girls-bb.comより)

これらの状態に共通して言えることは、関節の構造によって柔軟性が高く見えているのであって、筋肉が柔らかいわけではないということです。

男性であろうと女性であろうと、ストレッチや運動習慣がなければ筋肉は硬くこわばります。

「見た目の柔軟性の高さ」「実際の筋肉の柔らかさ」はイコールではないことを忘れないようにしましょう。

 

ホルモンによる影響

女性の体の柔軟性の高さは、ホルモンによる影響も受けています。

女性ホルモンの1つである”リラキシン”には「靭帯を緩ませる作用」があると言われています。

これは妊娠期間に多く分泌され、骨盤内を広げる役割を担っています。

Tomy
骨盤を広げて、赤ちゃんの通り道を確保するってことですね。

このホルモンによる影響も、体(筋肉)そのものを柔らかくしているわけではありません。

靭帯を緩めるということは、関節を不安定にすることでもあるので、その分筋肉が動きをカバーする必要が出てきます。

一見、柔軟性は高く見えますが、疲れやすさは増しているわけです。

 

柔軟性の高さというカラクリ

一般的には「柔軟性が高い」=「筋肉が柔らかい」=「疲れにくい」というイメージがあります。

しかし、柔軟性の高さは「関節がどの程度動くか」を示す指標に過ぎません。

前述した関節内部の構造やホルモンの影響は、関節をゆるめて不安定にしているだけで、筋肉を「柔らかく」しているわけではありません。

不安定さは筋肉の保持を必要とし、普通の人よりも疲れやすい一面があります。

ハテナちゃん
なるほど。ここをきちんと理解しておかないと、無責任な声かけをしてしまいそうですね。

筋肉の柔らかさは、運動習慣やケアの頻度(内容)にひも付きます。

柔軟性の高さ=疲れにくい体、というわけでないことをぜひ覚えておきましょう。

 

まとめ

女性は「関節の構造」「ホルモンの影響」で男性よりも体が柔らかいように見えます。

しかし「見た目の柔軟性の高さ」「実際の筋肉の柔らかさ」はイコールではありません。

筋肉の柔らかさは、運動習慣やケアの頻度にひもづきますから、体が柔らかく”見える”人もきちんとケアをしていきましょう。

ではでは今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員