【実際に行ってみた(体験レポ)】FiNCFit(フィンクフィット)の無料体験とは?

ハテナちゃん
フィンクフィットの無料体験って何ができるんですか?

”FiNCFit(フィンクフィット)”というのは「パーソナルトレーニング」のサービスです。

先日、トレーナーをやっている友人に

「世の中にはたくさんのパーソナルトレーニングが出回っているけど、今はFiNCFitがアツイよ!」

という話をされました。

何がそんなにアツイのか興味を持ったので、今回は実際に潜入調査に行っていきました。



「FiNCFit(フィンクフィット)」の無料体験とは?

今回体験したサービスは、以下の通りです。

  1. 予約の取得
  2. 当日の来店
  3. トレーニング内容について
  4. サービスメニューについて
  5. その他のサービス

 

<①予約の取得>

まずは予約の取得をしました。

FiNCFitボディデザインブログラム」からサイトの紹介ページへと飛ぶと、ページの右上に「新規体験の予約ボタン」があります。

これをクリックし、必要事項に希望店舗や氏名を入力しました。

すると、店舗の方から返信メールが届きました。

今回は個別の質問内容についてもご快諾いただき、丁寧な対応をしていただきました。

(今のところ、印象◎です)

 

<②当日の来店>

今回は「銀座店」にお邪魔してきました。

受付で簡単なアンケートに答えた後、更衣室で着替えをします(着替えは無料レンタルがあるとのことだったので、手ぶらで伺いました)。

銀座店は「1フロア=1スペース」になっており、開放的でとてもキレイな空間です。

まずは専門のトレーナー(加藤さん)とトレーニングの目的・方向性について話をしていきます。

個人的な目標は「60歳になっても動ける身体を維持していたい」ことなので、その旨をお伝えしました。

体重や体脂肪率、普段の食生活や運動習慣などを事細かにヒアリングしていただき、いろいろなアドバイスをもらいました。

数字を用いて客観的に説明してくれるので、納得感がありました。

 

<③トレーニング内容について>

その後は、実際にトレーニングに移りました。

まずは「呼吸方法」をレクチャーしていただきました。

腹式呼吸後に息を吐き切ることを意識し、体幹を固めていきます。

日常生活では”お腹が抜ける”人が多いらしく、体幹の固め方について丁寧に指導してくれました(これはいわゆる「ドローイン」と呼ばれる動きでしょうか)。

腰の下にタオルを入れ、このタオルが抜けないように意識します。

その状態でお腹を固めたまま、腕と足を動かしていきます。

これは「デッドバグ」と呼ばれるトレーニングだそうです。

とてもツラかったです。。

続いてメインメニューに移ります。

ここでは「ヴァイパー(VIPR)」と呼ばれる専門器具を使ってトレーニングを行うそうです。

色によって「重さ」が異なります。

ランジからのツイスト動作や、

ヴァイパーを傾けて負荷をかけながら行うサイドランジ、

ヴァイパーを頭上に掲げながらのバックランジ、

など、体幹と下半身の動きを連動させることを意識しながら、身体を動かしていきます。

見た目以上にとても強度が高く、キツかったです。。

 

<④メニュー説明について>

一通りのトレーニング終了後は、メニューについての説明を受けます。

今回ご提案いただいたのは「食事指導」「トレーニング8回分」が詰まった「ボディデザインブログラム」です。

「食事指導」は普段の食生活の写真を撮り、”チャット形式”で指導をいただけるそうです。

大手のパーソナルトレーニングではこういったサービスをトレーナー自身が行う場合もありますが、ここでは”管理栄養士”等の専門家がマンツーマンで指導してくれるとのことでした。

また、

  • 遺伝子検査
  • サプリメント
  • オリジナルスムージー

などもパッケージに組み込まれていました。

無料体験だとその場で申し込みを迫るサービスもありますが、加藤さん(担当してくれたトレーナーさん)は「ぜひ前向きにご検討くださいね!」と終始爽やかな提案でした。

自分たちのサービスに自信があるからこそ、無用な囲い込みはしないんですね(とても好印象でした)。

 

<⑤その他のメニューについて>

メニュー説明が終わった後は、受付で「オリジナルスムージー」をいただきました。

このスムージーも「ベースの味」「プロテイン」「気になるワード(サプリメント)」をミックスさせたオリジナルのものです。

パーソナルサービスのメリットを全身で感じることができ、とても充実した時間を過ごすことができました。

 

サービスを受けてみての感想

今回の率直な感想としては「こんなにしっかりサービス内容を見せてくれるんだ」ということです。

無料体験という形だとカウンセリングのみ(実技なし)という会社が多い中、およそ90分しっかりトレーナーがついてくれるのはありがたかったです。

トレーニング内容としては、ベンチプレスやスクワットといった高強度負荷を扱う種目は一切ないので「筋肥大を狙いたい(体を大きくしたい)」という方には向かないかもしれません。

ただ、ヴァイパーを使った動きは全身運動にもなりますし、普段あまり運動をしない方にとっては最適なトレーニングなのではないかと思います。

Tomy
怪我の防止やマンネリ感の解消にもつながりそうですね!

ただ何より一番驚いたのは「環境面の良さ」です。

受付の雰囲気・トレーナーの表情といった人の面も然り、銀座という立地・おしゃれなパーソナルスペースといった施設面も然り、仕事帰りに立ち寄っていることを友人に”自慢”できそうな環境でした。

パーソナルトレーナーをやっている知り合いがたくさんいる中で言いにくいことではありますが、栄養指導や遺伝子検査等のサービスも含めると、個人店ではまず太刀打ちできないサービスレベルだと思います。

それゆえに「パーソナルトレーニングに興味がある・やってみたい」と思っている方には、自信を持ってオススメできる内容です。

「FiNCFitがアツイ」と言っていた言葉の意味が十分理解できる1日になりました。

 

まとめ

今回は短い時間でしたが、FiNCFitさんの人気の理由を垣間見ることができました。

ただどんなプログラムも結局最後は「人」に行き着きますから、実際に行ってみなければ(会ってみなければ)何も始まりません。

興味のある方は、ぜひ一度行ってみてください→お申し込みはこちら:「無料体験の申し込み

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!