【お酢とストレッチ効果】お酢を飲むと体が柔らかくなるって本当!?

ハテナちゃん
お酢を飲むと体が柔らかくなるって本当ですか?

日本には、様々な言い伝え(ウワサ話)があります。

その中に「お酢を飲むと体が柔らかくなる」という言葉があります。

今日は「お酢とストレッチの関係性」についてまとめていこうと思います。



言い伝えの発端

ハテナちゃん
そもそも、どうしてこんな言い伝えがあるんですか?

皆さんは、料理の中でお酢を使った”煮込み料理”を作ったことはありますか?

(引用:Gooブログより)

お酢で肉を長時間煮込んでいくと、肉類は柔らかく味が染み込んで、美味しくなります。

これはお酢が持つ「酸性の性質」「タンパク質の分解酵素」の働きだと考えられています。

この現象を目の当たりにした昔の人は、こう考えました↓

「お酢を使う=お肉が柔らかくなる」

ということは

「お酢を飲む→体も柔らかくなる(?)」

これがこの言い伝えの始まりだと考えられています(真相は定かではありません)。

 

お酢の効果

基本的にお酢を飲むことだけで体が柔らかくなるということは、まず”ありません”

体内に取り込まれたお酢は、胃でその他の食べ物と撹拌され、小腸から吸収されていきます。

小腸で吸収された後は、肝臓で分解・合成がなされ、血管を通じて筋肉へと送り届けられていきます。

ハテナちゃん
その頃にはもう、酢酸の性質なんて無くなっていそうですね…

したがって、どれだけ良質のお酢を飲んだとしても、筋肉だけにその成分を送り届けることは困難であり、

「お酢を飲む=体が柔らかくなる」

物理的に難しいことがわかります。

ハテナちゃん
お酢の成分入りのお風呂に浸かるのはどうですか??

”煮込む”というイメージから「お酢の成分が入ったお風呂に入浴したらどうか」という質問もよくあります。

しかしながら、人間の皮膚バリア(保護力)は非常に強力です。

おそらく、お酢の成分が直接筋肉へ届くことはないでしょう。

また、もし仮に(まずありえないと思いますが)お酢のお風呂で体が柔らかくなったとしたら…、

きっと「痛み」に耐えられないでしょう。

お酢の力は、タンパク質の分解です。

これはわかりやすくいうと「筋肉の線維を細かく切っている」ということです。

一度壊れた筋肉が修復されるまでは、日常生活すらままならないのではないかと思います。

Tomy
臭いもついてしまうので、やめておいたほうがいいですね。。

 

まとめ

お酢を飲むと体が柔らかくなる、は料理から生まれたイメージです。

客観的に考えればまずありえません。

言い伝えやウワサ話には、振り回されないように気をつけましょう。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報やちょっとした豆知識が知りたい方は、ぜひ「友だち追加」をお願いします。
詳細はこちらをクリック↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!