【筋肉の詳細】筋肉の数・筋繊維の太さってどのくらい?

ハテナちゃん
全身にはどのくらいの筋肉があるんですか?

筋肉というのは、身近なようでいてあまり知られていない存在です。

筋肉は全身におよそ”400個”あると言われており(これは数え方の基準によっても異なり600や800とする文献もあります)、運動や体熱といった機能を持っています。

今日は「筋肉の詳細」をまとめてみようと思います。



筋肉の仕組み

筋肉とは”タンパク質の塊”であり、細かく見ていくと小さな線維に行き着きます。

最小の単位を「筋フィラメント(アクチン線維・ミオシン線維)」といいます。

(引用:Rilascio リラッシオ – Rilascio(リラッシオ)より)

軸になるのが「ミオシン線維(上のイラストの中央部)」です。

これは直径がおよそ「16nm」で、200個のミオシン分子によって構成されています。

(*1nm(ナノメートル)=1mmの100万分の1の長さ)

Tomy
ミオシン線維は、だいたい髪の毛の”1万分の1”の太さです。

ミオシン線維は「クロスブリッジ」とも呼ばれる”頭”を持っており、周囲のアクチン線維と連結することができます。

「アクチン線維」は直径およそ「6nm」であり、2本の線維が巻き付くように構成されています(2重らせん構造)。

断面的に見ると、軸となる1本のミオシン線維の周りには、6本のアクチン線維があり、それぞれのアクチン線維の周りには3本のミオシン線維があります。

また平面的に見ると、アクチン線維の片側は「Z線」と呼ばれるものに固定されており、もう片側は浮いています。

(引用:細胞生物学会より)

このZ線からZ線までの間隔を「筋節(サルコメア)」といい、筋肉の最小の収縮単位として考えられています。

ハテナちゃん
筋節というのはどのくらいの長さなんですか?

一般的な筋節は、およそ「2.5μm」です。

(*1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1の長さ)

これは筋長1cmあたりで「4500個」になります。

Tomy
1cmの筋肉の中には4500個もの”節”があるんですね。

この筋フィラメントの集合体が「筋原線維」です。

筋原線維の直径はおよそ「1μm」であり、これは髪の毛の”100分の1”の太さにあたります。

この筋原線維が「数100本」ほど集まると「筋線維」になります。

筋線維は直径およそ「50~100μm」であり、髪の毛”1本分”ほどの太さです。

(引用:ameblo.jpより)

この筋線維は「150本」ほど集まると”筋内膜”によって束ねられ、「筋束」と呼ばれる塊になります。

筋束は続いて”筋周膜”によって束ねられ、やがて1つの大きな「筋肉(骨格筋)」になっていきます。

ハテナちゃん
筋肉の世界は、とっても細かくできているんですね!

 

筋肉が大きくなるってどういうこと?

筋トレによって筋肉が大きくなるのは、筋線維の”数”が増えているからではありません。

Tomy
筋線維=筋細胞です。細胞の数に増減はほとんど起こりません。

筋トレを行うと「筋原線維」がダメージを受け、現状よりもさらに強く修復されます。

すると、1本の筋線維の中に詰まっている”筋原線維の数”が増え、筋線維が”太く”なります。

これが積み重なることで、見た目の筋肉がどんどん大きくなっていくわけです。

(引用:NEW AGEING-LOG(ニューエイジングログ)より)

ハテナちゃん
鍵を握っているのは、筋原線維の”数”だったんですね。

 

まとめ

筋肉の世界は、とても細かいです。

髪の毛の”1万分の1”ほどの太さの線維が集まって、大きな力を発揮しているというのは神秘的ですよね。

ぜひ豆知識程度に覚えておいてください。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報やちょっとした豆知識が知りたい方は、ぜひ「友だち追加」をお願いします。
詳細はこちらをクリック↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!