【ホームジムを作ってみてわかったこと】ホームジムのメリット/デメリットとは?〜1人でできるパワーラックの組み立て方法〜

ハテナちゃん
自宅で本格的な筋トレなんてできるんですか?

「パワーラック」「シャフト」「ダンベルプレート」の3点セットがあれば、自宅でも十分本格的な筋トレが可能です。

先日、自宅にホームジムを作成したので、今回は「ホームジムを作ってみてわかったこと」についてまとめていこうと思います。



ホームジムのメリット・デメリット

「本格的な筋トレはジムでやるもの」という考えを持っている方も多いかと思いますが、ホームジムは意外と簡単につくれます。

  • ホームジムに興味がある
  • これから作ってみたいと思っている

という方は、ぜひ最後までお付き合いください。

まずはホームジムのメリット・デメリットを見ていきましょう。

Tomy
あくまで個人的な感想ですので、ご理解ください。

<メリット>

  • いつでもトレーニングできる。
  • 待ち時間がない。
  • 周囲に気を使わなくて済む。
  • 1人の世界に入り込める。
  • トレーニング後にすぐ食事や入浴ができる。

やはりホームジムの一番のメリットは「いつでもトレーニングができる」ということです。

私も以前はジムに通っていましたが、仕事で夜が遅くなってしまうと閉店時間によってトレーニングができないというストレスがありました。

また「帰宅途中にジムに寄る」「一旦家に戻ってからジムに出直す」というのも、意外とストレスがかかるものです。

荷物をどうしようか、食事をどのタイミングでとろうか…と考えているうちに、今日はいいや。。となってしまう日もありました。

今は時間を気にする必要が全くないので、家に帰ってしっかり食事をとった後にトレーニングができています。

Tomy
”自分のペースでトレーニングができる”というのは最大の魅力ですね!

 

<デメリット>

  • トレーニング”スイッチ”を自分で入れなければいけない。
  • 励まし合う環境がない

良くも悪くも周りの目を気にしなくていい、というのがホームジムの特徴です。

ジムを利用していると、ジムに行くというプロセスで気持ちの切り替えができ、なおかつ周りの人を見て「今日も頑張ろう!」というスイッチが入ります。

ホームジムでは、トレーニングが日常生活の延長線上になるので「よし、やるぞ」という気持ちの切り替えがとても大切です。

したがって

  • トレーニングが習慣化されていない人
  • 意志の弱い人

にとっては継続するのが難しいかもしれません。

Tomy
「定期的にジムに行かないとノイローゼになっちゃう…」くらいトレーニングが習慣化していないと、ホームジムは難しいかもしれません。

 

ホームジムにかかる費用

上記のメリットデメリットを踏まえた上でも「ホームジムを作ってみたい」という方は、ぜひここから先も読み進めてみてください。

ホームジムを作る際に、やはり気になるのは「費用」だと思います。

どのくらいのお金が必要なのかを見ていきましょう。

<最低限必要なもの>

トレーニングをする上で最低限必要になるのが

  • パワーラック
  • プレート(重り)
  • シャフト
  • ベンチ

です。

パワーラックが「59,980円」

プレート(重り)とシャフトが「70,200円」

*写真には写っていませんが、本来は134kg分あります。

また以下のセットの中にはシャフトも含まれているので、別途購入する必要はありません。

ベンチが「19,980円」です。

これだけあれば最低限のトレーニングは十分にできます。

ここまで総額「15万160円」です。

 

<あると便利なもの>

上記に加えて「あると便利なもの」としては、

  • トレーニングマット(床を傷つけないため)
  • 全身鏡(トレーニング姿勢を見るため)
  • プレートラック(重りを使いやすくするため)

です。

トレーニングマットは、1セット(4枚)で「6,912円」

*1セットでは足りないので、おそらく3セット程度購入したほうがいいと思います。

全身鏡が「21,900円」

*割れない素材がオススメです。

プレートラックが「9,720円」です。

ここまで全てを揃えると「20万2516円」になります。

20万円と考えると少し割高なイメージもありますが、月額8,000円のジムに2年間通うと考えれば十分元は取ることができます。

ぜひ自己投資として前向きに検討してみてください。

<補足>

Amazonには、無ブランドの安いものもたくさんあります。

しかし、トレーニング器具は必ず”値段相応”になっています。

何度も買い直すものでもないので「少し高いな」と思っても、良い商品を買ったほうが絶対にいいと思います。

 

ホームジムを作る上で大変なこと

「よし、実際にやってみよう!」と思った方は、もう少し読み進めてみてください。

実際にホームジムを作る上で、一番大変な事は「パワーラックの組み立て」です。

これはかなり時間もかかりますし、重労働です(1人で組み立てて…なんやかんやで”4時間”程度かかりました)。

ホームジム作成時に必ず通る道ですので、この組み立て方法も簡単にお伝えしたいと思います。

<パワーラックができるまで>

パワーラックは総重量およそ30kg、荷物は梱包されてバラバラに届きます。

これを1つ1つ開封していきます(開封作業だけで1時間程度かかります)。

機材を一通り、床に並べておきます。

*ネジの数に圧倒されました…。

説明書がついていますが、これがシンプルすぎてわかりにくいです。

初めによく読み込んで、イメージしておきましょう。

また梱包された機材の中には「工具」が入っていないので、事前に準備しておく必要があります。

この辺りがもう少し親切になると、もっとよい商品になるかなぁ…と思います。

まずは床に「トレーニングマット」を敷き、

そこに土台を作ります。

1つ1つをボルトとナットで止めていきますが、

絶対にきつく締めてはいけないです。

”仮止め”にしておかないと、組み立て時に歪みが出た際、再びゆるめる作業が必要になってしまいます。

*悪い例です↓

土台ができたら柱を立てていきます(*柱には向きがありますので、十分気をつけてください)。

柱と柱の間にプレートを通し、

屋根(上部プレート)をつけます。

懸垂用のバーを取り付け、

ワイヤーも通していきます。

ラットプル用のバーも取り付ければ、一通り完成です。

説明するのは簡単ですが、作業は想像以上に大変です(特に高い位置の取り付けは、1人だと時間がかかりますのでご注意を…)。

ただ1人でも完成させることは可能です。

これもトレーニングの1つだと思って、ぜひ頑張ってください。

 

まとめ

ホームジムの魅力は伝わったでしょうか。

本格的な筋トレを自宅で始めてみたいと思った方は、ぜひチャレンジしてみてください。

もし疑問点などありましたら、コメント欄にどうぞ。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報やちょっとした豆知識が知りたい方は、ぜひ「友だち追加」をお願いします。
詳細はこちらをクリック↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!