TAG メカニズム

ストレッチにまつわるQ&A

【強圧対策】「圧を感じない…」と言われた時の対処法:「ウェバー・フェヒナーの法則」

何度も体をほぐしていくと、次第に体は刺激(圧)に慣れていきます。 慣れるほどに知覚は鈍化し、「もっと、もっと…」を繰り返すようになってきます。 仮に知覚が鈍化していたとしても、必要以上の刺激(圧)が入れば「内出血」や「圧…

ストレッチにまつわるQ&A

【足がつる(筋痙攣)とストレッチ】筋肉がつったときにストレッチをするのはなぜ?

寝ている時や運動している時に、急に筋肉が攣ってしまったことはありませんか? 特に「こむらがえり」と呼ばれるふくらはぎの痙攣は、痛みも伴い大きなストレスになります。 このような時にはストレッチが有効だ、と経験的に知っている…

知っておきたいストレッチの基本

【ストレッチによる血行促進】血行促進のカギは「せん断力」と「リバウンド効果」にあり!?

ストレッチの目的は「体の柔軟性を高める」ことであり「血液の流れを促進させる」ことです。 この目的は理解できていても、実際に体の中でどのような変化が起こっているのか… についてはあいまいな方も多いと思います。 今日は「スト…

役立つカラダの豆知識

【厳選!肩・腰・頭痛の一般臨床】最低限知っておくべき「疾患名」と「症状の内容」とは?

「ストレッチを受けてみたい」とご来店されるお客様の中には、単なる「筋疲労」ではなく「疾病」を抱えている方もいらっしゃいます。 「肩関節周囲炎なんですけど…」 「胸郭出口症候群と言われたんですけど…」 「偏頭痛がひどくて……

ストレッチを勉強したい方にオススメの本

【勉強方法】筋肉についての勉強を始めたい!効率的に勉強する為に知っておきたいこと

「何から勉強したらいいかわからない…」 「どうやって勉強したらいいかわからない…」 そんな悩み、抱えていませんか? 今日は新人トレーナーやセラピストさんに向けて「効率的な勉強方法」をお伝えしていきたいと思います。 「記憶…

ストレッチを勉強したい方にオススメの本

【オススメ本】「ムービングボディ 動きとつながりの解剖学」:クリス・ジャーメイ→筋肉のつながりを勉強したい方へ。

今回紹介する本は、クリス・ジャーメイ氏の「ムービングボディ 動きとつながりの解剖学」です。 「筋肉ってどこからどこまでがつながっているんだろう…」そんな疑問を感じたことはありませんか? この本は「筋肉のつながり」を勉強し…

ストレッチを勉強したい方にオススメの本

【オススメ本】「関節可動域制限」:沖田実→筋肉や筋膜がこわばるメカニズムを知りたい方へ。

今回紹介する本は、沖田実氏の「関節可動域制限―病態の理解と治療の考え方」です。 載っている情報のほとんどは治療向け、特に理学療法士向けに書かれています。 しかし「筋肉がこわばる仕組み」や「筋膜」に関する情報などは、トレー…