【オススメ本】「イラストでわかるストレッチングマニュアル」:Michael J.Alter→ストレッチの手技を増やしたい全ての人へ。

今回紹介する本は、ストレッチを勉強する上では欠かせない1冊、Michael J.Alterの「イラストでわかるストレッチングマニュアル」です。

一般的な書店にはほとんど置いてありませんが、ストレッチ関係者のバイブルともいえる一冊です。

今日はその内容を少しだけ紹介していこうと思います。

オススメの内容

著者である「Michael J.Alter」というのは、アメリカの元体操選手であり、ストレッチングの専門家です。

この本の他にもストレッチにまつわる著書(「柔軟性の科学」や「ストレッチングの科学」など)を多数出版しています。

<前半>

本の前半は、ストレッチに関する基礎知識が載っています。

具体的な内容としては、

  • ストレッチングの効果
  • ストレッチングに対して、体はいかに反応するのか?
  • ストレッチングをすると、体に何が起こるのか?
  • 他動的、自動的ストレッチとは?
  • 何が筋肉の張りやコリの原因なのか?
  • よいウォーミングアップの効果
  • ストレッチングについての論争

などなど…テーマごとに詳しく解説が載っています。

ハテナちゃん
この1冊を読み込めば、 ストレッチに関する基礎知識は身につきそうですね。

IMG_1858

ぜひ読み込んでみてください。

 

<後半>

後半は非常に多くの「ストレッチプログラム」が紹介されています。

IMG_1860

特徴は、とにかく紹介されているストレッチプログラムの種類が”多い”ことです。

1冊で「311種類」ものストレッチプログラムが載っています。

Tomy
311種類ものプログラムが1冊にまとめられている本はそうそうないですね!

”特異的なパートナーストレッチ”や”バーベルを活用したストレッチ”など、一般的にはあまり見かけないストレッチプログラムもふんだんに掲載されています。

IMG_1861

「そういう伸ばし方もあるのね…!」と驚く内容も多々あるかと思います。

こんな人にオススメ

他には、スポーツ別の「プログラム構成」も大変充実しています。

最近書店で見かけるストレッチ本は、野球やサッカー、テニス、バスケといった一般的なスポーツに関するプログラム構成しか載っていないケースが多いです。

しかし、この本は

  • アーチェリー
  • クロスカントリー
  • ダンス
  • 飛び込み
  • フィギュアスケート
  • ハイキング
  • ラクロス
  • 武術
  • ボート
  • 水上スキー
  • レスリング

といった専門的競技に関するプログラム構成も多数取り上げています。

該当する競技にどのようなストレッチを組み込んでいけばいいかが一目瞭然です。

IMG_1859

したがって

  • 「ストレッチ手技のレパートリーを増やしたい」
  • 「競技におけるストレッチングプログラムを立案したい」

と考えている方にはオススメの一冊です。

2000円弱でこの情報量はコスパ◎、1冊手元に置いておくと何かと便利だと思います。

まとめ

とにかくストレッチに関する情報が豊富なことがこの本の特徴です。

ただ、情報量の多さゆえに読む側の「取捨選択する力」が必要となってきますので、初心者の方には少し難しいかもしれません。

しかしながら、いずれどこかで必要になる1冊です。

興味のある方はぜひご一読ください。

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は
「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】