【オススメ本】「ムービングボディ 動きとつながりの解剖学」:クリス・ジャーメイ→筋肉のつながりを勉強したい方へ。

今回紹介する本は、クリス・ジャーメイ氏の「ムービングボディ 動きとつながりの解剖学」です。

「筋肉ってどこからどこまでがつながっているんだろう…」そんな疑問を感じたことはありませんか?

この本は「筋肉のつながり」を勉強したい方にぜひオススメしたい1冊です。

 

内容

本の内容は全部で8章に分かれていますが、大きく分けると

  1. 解剖学の基礎知識
  2. 骨格筋と筋膜
  3. アナトミートレイン

の3つになります。

<①解剖学の基礎知識>

まず初めの「解剖学の基礎知識」は、広く・浅くの基礎的内容です。

屈曲や内転などの「解剖学上の動きの説明」「細胞(組織)の構造」「関節の種類」…など、一般的な解剖学の基礎が一通り紹介されています。

ページサイズが大きく、フルカラーなので「読み込む」というより「眺める」ことで勉強できます。

ハテナちゃん
これなら私も読めそう♡

フルカラーによるイラストが満載なので、活字が苦手な人にもオススメです。

 

<②骨格筋と筋肉>

続いて「骨格筋と筋膜」のパートも、イラストが豊富でわかりやすいです。

「筋肉の基本的構造」はもちろんのこと「収縮のレパートリー」「力学」「作用」についても触れられています。

体の勉強を”初めて”する方にとっては、読みやすい内容かと思います。

 

<③アナトミートレイン>

最後の「アナトミートレイン」のパートでは、7つのラインについて一通りの解説が付いています。

アナトミートレインというのは「筋筋膜経線」とも呼ばれ、冒頭で紹介した「筋肉のつながり」を示すラインのことです。

こちらも大きなイラストと分かりやすい説明文が載っています。

Tomy
ここにも大きなイラストが載っているので、筋肉全体をよくイメージできると思います。

こんな人にオススメ

この本を一言でいうと「広く・浅い基礎知識のまとめ集」です。

良く言えば「豊富なジャンルの基礎知識が1冊に集約されている本」ですが、悪く言えば「踏み込んだ情報が少ない本」です。

生理学や解剖学をきちんと学んだことがある人にとっては、若干退屈な内容かもしれません。

しかし、これから初めて体のことを勉強し始める方には、非常にオススメの一冊です。

何より

  • テキストサイズが大きい
  • イラストが多い
  • イラストがカラー
  • 文字数(活字)が少ない
  • 骨格も筋肉も細胞も、基礎的内容が全部揃っている

のは大きな魅力です。

紙の材質もしっかりとしているので、長期間愛用できると思います。

ハテナちゃん
わかりやすくて、見やすい本が1番!

「体の勉強を始めたい…でも、何からすればいいのかわからない」という方は、ぜひこの本から始めてみてください。

まとめ

体の勉強はやればやるほど楽しくなります。

そして、知れば知るほど、知りたいことが出てくると思います。

その第一歩として、ぜひご活用ください。

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!