【オススメ本】「アナトミー・トレイン」:Thomas W.Myers→筋肉の関連性(連動性)をよりしっかりと理解したい方へ。

今回紹介するのはThomas W.Myersの「アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線」です。

アナトミー・トレインというのは「筋筋膜経線」のことであり、筋肉のつながり・関連性を示すラインのことです。

身体の”実際の動き”を理解するためには、1つ1つの筋肉をバラして考えるのではなく、まとまりで捉えることが大切です。

アナトミー・トレインに関する本は多数出版されていますが、個人的に最もオススメしたいこの本を今日は紹介していきたいと思います。

Tomy
アナトミートレイン関連本の中で「No.1」の1冊です!



内容

本書の大きな流れとしては

  1. アナトミー・トレイン、筋膜の基礎知識(ルールの説明)
  2. 主要7ラインの解説
  3. トレーニングや日常動作におけるアナトミー・トレインの活用

という3つのパートで構成されています。

 

<①アナトミー・トレイン、筋膜の基礎知識>

まず初めは基礎知識からです。

  • 「筋膜ってそもそも何!?」
  • 「人間の体を構成しているのは”神経網”・”線維網”・”循環網”」
  • 「筋肉の成り立ち=筋は骨に全く付着していない!?」

など興味深い内容が盛りだくさんになっています。

イラストが豊富なので、イラストを見ながらイメージすると内容がスッと入ってきます。

文章も堅苦しい説明ばかりではなく、グレープフルーツを筋膜構造に例えてみたり、ビニール袋で棒を包んでみたり、レンガを参考にしてみたりと「伝えるための努力」が随所に見られ、意外とサクサク読み進めることができます。

Tomy
お堅いように見えて、意外とユーモアたっぷり!興味がある人はサクサク読めます。

 

<②主要7ラインの説明>

最も大きなウエイトを占めているのが、この主要7ラインの説明です。

それぞれのラインごとに構造や役割が明確に示されています。

筋肉の本というと、起始と停止(筋肉の端っこ同士)を基準にして1つ1つの筋肉を”単体”で捉えて説明するのが一般的です。

しかし、ここでは”筋肉のつながり”にフォーカスを当てているため

  • 首から肩にかけての筋肉のつながり=僧帽筋〜三角筋〜…
  • お尻から足にかけての筋肉のつながり=臀筋群〜ハムストリングス〜…

などの情報を得ることができます。

ハテナちゃん
「筋肉のつながり」が載っている本て、たしかに本屋さんではあまり見かけないですね…。
Tomy
そうなんです。「全身の筋肉はつながっている!」という概要を耳にする機会はあっても、見たことがないと具体的なイメージが持てないですよね。

一歩踏み込んだ知識を求めているトレーナー・セラピストさんにはぜひ読んでいただきたい内容です。

 

<③トレーニングや日常動作におけるアナトミー・トレインの活用>

最後のパートでは②で得た情報をもとに、スポーツ動作や日常生活での姿勢を考察しています。

使われる筋肉群を理解すると「疲れの原因(特定の筋肉が固まってしまう原因)」を知ることができます。

また、これらの情報を活用すれば「鍛えるべき筋肉群」も明確化されてきます。

これらの分野に興味がある人にとっては、たまらない情報だと思います。



まとめ

「アナトミー・トレイン」は本来、理学療法などの治療的側面から提唱されてきた考え方です。

ただ治療行為をするわけではないトレーナーやセラピストにとっても「筋肉のつながり」は有益な情報です。

Tomy
「〇〇をほぐすと〜がゆるむ」

「〇〇を鍛えると〜がより使えるようになる」

これらの専門的知識は現場で大いに役立つと思います。

ぜひしっかりと学んでみてください→【アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<その他のオススメ本>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】