【トリガーポイントによる影響】トリガーポイントが及ぼす体への影響とは?

ハテナちゃん
トリガーポイントができると、体にはどんな悪影響があるんですか?

トリガーポイントというのは、筋組織内にできる硬結点(塊)のことです。

これができてしまうと、筋膜を通じて体の各所に悪影響を及ぼします。

今日はこの「トリガーポイントが及ぼす体への影響」についてまとめていこうと思います。



体に及ぼす影響

トリガーポイントは筋肉の中にできる小さな塊です。

一般的な「肩こり」「首こり」という筋肉の拘縮よりも、さらに小さく密になった結節を表します。

トリガーポイントが与える影響には

  1. 関連痛
  2. 痺れ、冷え、むくみ
  3. 運動制限

の3つがあります。

では1つずつ見ていきましょう。

 

<①関連痛>

トリガーポイントが及ぼす最大の影響はこの「関連痛」です。

関連痛は筋膜を通じて、全身のあらゆる箇所に起こる可能性があります。

特徴は「激しい深部痛」「動くことによって痛みが激化すること」の2つだと言われています。

痛みのレベルは、トリガーポイントの大きさよりも過敏性に影響されます。

原因が特定できない

  • 頭痛
  • のどの痛み
  • 脇腹の痛み

などはトリガーポイントが原因になっていることが多いです。

また診断された

  • 関節炎
  • 椎間板の障害
  • 椎骨のズレ

なども、トリガーポイントが原因になっていたという報告が上がっています(1999,804-809;Rosomoffら)。

Tomy
一見すると何ら関係性のない箇所に「関連痛」が起こっていることもあるんですね。

 

<②痺れ・冷え・むくみ>

トリガーポイントができると、筋肉は硬く・短く・弱くなります。

硬くなった筋肉は、周辺の神経や毛細血管を圧迫してしまいます。

ハテナちゃん
こんなイメージですね!

(引用:坂出整体院より)

神経が圧迫されれば「痺れ」が生じ、毛細血管が圧迫されれば末端に「冷え」が生じます。

また、静脈やリンパの循環が悪くなることでの「むくみ」が起こることもあります。

トリガーポイントは痛みを生じるだけでなく、周辺環境を悪化させることでの冷えやむくみを生み出すこともあるのです。

 

<③運動制限>

②でも述べたように、トリガーポイントができると筋肉は硬く・短く・弱くなります。

硬く・短くなれば、関節可動域も制限されてきます。

Tomy
筋肉の長さが足りないというのは、それだけ動く幅が制限される、ということですね。

またトリガーポイントがある筋肉は、縮むことも伸びることもしづらくなります。

この状態は「固定化(保護化)」を引き出し、「代償動作」を生み出します。

ハテナちゃん
代償運動って何ですか?

代償運動とは、1つの筋肉の動きを補うために他の筋肉が使われる運動です。

肩が90度以上に上がらない状態で、棚の上のモノを取ろうとするとどうなるでしょうか?

腰を反らして腕を上に持ち上げますよね。

この「腰の反らし」がまさに代償運動です。

代償運動が連鎖することで、関連痛の範囲がさらに広がることもあると言われています。

 

まとめ

一般的には「トリガーポイント→関連痛」という認識が多いですが、トリガーポイントからは痺れやむくみ、運動制限なども引き出されます。

トリガーポイントにはなるべく早く対処することが大切なんですね。

ではでは今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員