【筋肉のコリ・ハリの違い】これさえ読めば一発理解!筋肉のコリとハリの違い

みなさんも一度は聞いたことがあるであろう「筋肉のコリとハリ」

「肩がコッてしまって…」「だいぶ筋肉がハッていますね」

耳にする機会の多い言葉ですが、いざ質問されるとうまく答えられない…という人も多いのではないでしょうか。

ハテナちゃん
たしかに質問されるとうまく答えられない気がします。。
Tomy
では今回は「筋肉のコリ・ハリの違い」についてわかりやすくまとめていきましょう!



コリとハリは何が違うの?

ハテナちゃん
難しい筋肉の話はさておき…コリとハリは何が違うんですか??
Tomy
ではタオルを使ってシンプルに説明してみます。

いま、ここに1枚のタオルがあります。

IMG_1916

外部からの力が何も加わらなければ、このタオルはキレイに平坦を保ち続けます。

ここに力を加え、中央付近を束ねてみましょう。

するとタオルはこのようになります↓

IMG_1917

中央付近が束ねられたことで、周辺のタオルも中央に向かってたぐり寄せられました。

これがまさに筋肉のコリとハリの関係性です。

イメージでいうとこのような感じです↓

IMG_1917
ハテナちゃん
束ねられたところが「コリ」で、引っ張られているところが「ハリ」ですか?
Tomy
その認識でokです!

 

筋肉にはそもそも本来の「長さ」があります。

筋肉の一部が硬くなってしまうと、全体の「長さ」不足し、結果的に「引っ張られる箇所」が生まれてしまいます。

ハテナちゃん
こんなイメージですね!

この時の縮んで硬くなっているところが「コリ」、引っ張られて張力を感じているところが「ハリ」と呼ばれる部分です。

 

発生のメカニズム

筋肉内に”コリ”(局所的なこわばり)が一切無ければ「長さ不足」に陥ることもないので”ハリ”は生じません。

関節角度に余裕があり、なおかつ脱力状態なのにも関わらず、筋肉が”ハッている”場合はどこかしらに”コリ”が潜んでいます。

ハテナちゃん
ということは”コリ”にできるんですね。
Tomy
この原因になっている”コリ”を「トリガーポイント」などと呼ぶこともあります。

コリとハリの発生メカニズムをまとめると

  1. 筋肉にストレスがかかる(伸ばされっぱなし・縮っぱなし等)。
  2. 局所的に筋肉が硬くこわばる。
  3. ”コリ”ができる。
  4. 筋肉の「長さ」が足りなくなり、伸ばされる箇所が出てくる。
  5. ”ハリ”ができる。

というような流れになります。

Tomy
根本的な要因は、筋肉の一箇所に局所的な負荷(ストレス)がかかり続けてしまうことです。
ハテナちゃん
長時間のデスクワーク、立ちっぱなしなども筋肉がコってしまう原因の1つなんですね。
Tomy
その通りです。そのコリが結果的に関連する筋肉を引っ張り、ハリも生じさせてしまうわけです。
Tomy
だからこそ、毎日のストレッチで筋肉の「長さ」を整えておくことが大切なんですね。

筋肉のバランスを意識して、全身のストレッチを行うことの大切さをご理解いただけたでしょうか?

 

コリのない体を手にいれるためには?

では、コリのない体を手にいれるためにはどうすればいいのでしょうか?

答えはとてもシンプルです。

それは「局所的に負担がかかる動作をやめる」ことです。

  • 長時間のデスクワーク中ずっと足を組んでいる…
  • 視力が悪く、パソコンに顔を近づける癖がある…
  • 食事中はずっと体の左側にあるテレビを見ながらご飯を食べている…

など日常生活の中に潜んだ悪い姿勢を改善することがコリのない体に向けた第一歩です。

Tomy
姿勢はすべての土台です。気をつけていきましょう!

unknown-1(引用:大原薬品工業株式会社より)

ちなみに「猫背姿勢の改善方法」について興味のある方は、ぜひこちらの記事も読んでみてください→【正しい姿勢の作り方】長年の肩こり・腰痛を撃退する「一瞬で姿勢を正す」テクニックとは!?

 

まとめ

体のケアをしていく上で大切なのは「どこの筋肉がつらくなっているのか」を正確に把握することです。

そして、そのつらさが「どこから来ているのか(どこが原因になっているのか)」を突き詰めて考えることが次に大切になってきます。

自分の体を知り、適切なケアをしていきましょう。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

<オススメグッズの紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員