【筋硬結】筋肉にできる「ゴリっっ!」の正体とその対処法

人の体をほぐしていくと、つらくなっている首や肩や腰で「ゴリっ!」という筋肉の”塊”に遭遇することがあります。

おそらく、今これを読んでいる皆さんも日々そんな塊と遭遇していることと思います。

ハテナちゃん
まるで何かしらの固形物が筋肉内に入ってしまったかのようなこの塊…あれって一体なんですか??
Tomy
では今日は「ゴリっ!」の正体を突き詰めていきましょう!



「ゴリっ!」の正体

ゴリっという塊の正体…これは筋肉の「筋硬結:きんこうけつ」と呼ばれるものである可能性が高いです。

これは1843年、ベルリンの内科医であったFroriep氏がリウマチ患者の筋の中に「有痛性の硬い塊」を発見し、報告したのが始まりだと言われています。

ハテナちゃん
有痛性の硬い塊…。まさしく筋肉の「ゴリッ!」ですね。わかりやすい特徴は他にありますか??

大きな特徴としては、

  • 局所的に生じる(筋肉”全体”には現れない)。
  • 圧迫した時に強い痛みを感じる。
  • 筋肉の方向と”垂直”に皮膚を滑らせたときに、直接触ることができる。

などが挙げられています。

Tomy
「局所的」というのが1つポイントです。これは筋線維の膠着であるとも言えます。
ハテナちゃん
膠着って何ですか?
Tomy
膠着(:こうちゃく)というのは「粘りつくこと」や「ある状態が固定して、動きがなくなること」を指す言葉です。

もっとシンプルにいえば…

一般的に認識されている筋肉のハリやコリの「最終形態」というべき存在がこの「筋硬結」の状態です。

 

【発生のメカニズム】

ハテナちゃん
なるほど。筋肉のコリが進行して膠着してしまうと「筋硬結」になってしまうわけですね。
Tomy
そうなんです。では発生のメカニズムも見ていきましょう。

まずは筋肉が収縮する仕組みからです。

脳から筋肉に対して「収縮せよ!」という命令が入ると、その命令は「電気信号」となって筋線維の周りを覆っている「筋小胞体」という”膜”を刺激します。

刺激された”膜”「カルシウム(イオン)」を放出し、筋線維内のカルシウムイオン濃度を高めます。

ハテナちゃん
へぇ〜、刺激が入ると筋線維のまわりの”膜”から「カルシウムイオン」が放出されるんですね。

このカルシウムイオンが一定の濃度を迎えると、筋肉内の「アクチン線維」「ミオシン線維」という2つの線維が連結し、収縮を起こします。

img_1(引用:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPANより)

Tomy
筋肉の収縮は

  1. 神経から刺激が入る
  2. →筋肉内のカルシウム濃度が上がる
  3. →→アクチンとミオシンがくっつく
  4. →→→ミオシンがエネルギーを使ってアクチンを引っ張る

この一連の流れでできています。

 

しかし、筋肉に過剰なストレスがかかってくると、カルシウムイオンの放出が慢性化してきます。

これはすなわち筋肉内のカルシウムイオン濃度が常に高い状態である、ということです。

すると「アクチン線維」と「ミオシン線維」は必然的に連結しっぱなし(くっつきっぱなし)になり、次第に膠着してきます。

この膠着はさらなる血行不良を招きます。

膠着が進めば進むほどに、筋肉内における「酸素不足・エネルギー不足」がより顕著になり「痛みの発痛物質」が拡散されていきます。

その結果「ゴリっとした痛みのある塊」に進化してしまうのです。

ハテナちゃん
なるほど。。アクチンとミオシンのくっついてしまう状態が進行しているわけですね。
Tomy
その初期状態が「コリ」と呼ばれるもので、進行した状態が「筋硬結」なんですね。

 

「ゴリっ!」への対処法

ハテナちゃん
ではこの「ゴリっ!」にはどうやって対処すればいいんですか?
Tomy
まず心がけておくべきことは、対処は「早ければ早いほどいい」です。

膠着が強まってしまうとなかなか柔らかくするのは難しいですから「コっている」程度の段階で筋肉をほぐしておくのが大切です。

…とは言っても「筋硬結」ができてしまった際にはどうしたらいいのでしょうか。

 

【対処法】

前述したように筋硬結は筋線維の膠着状態ですから、まずは「アクチン線維とミオシン線維の”解除”が必要」になってきます。

ハテナちゃん
早く「解除」したいです!

この”解除”に必要なのは「新しい血液」であり、その中に含まれる「エネルギー源」です。

ミオシン線維の先端に「ATP」と呼ばれる「エネルギー源」が行き着くと、アクチン線維との連結が”解除”されます。

Tomy
こんなイメージですね!

(引用:自宅で学ぶ高校生物より)

しかし、このときにまだ筋肉内のカルシウムイオン濃度が高いままだと、再び連結してしまいます…。

姿勢の改善等で筋肉に対する慢性的なストレスを取り除いておくことも大切です。

したがって”解除”のために必要なのは

  • 血液の良好な流れ
  • 姿勢、動作の見直し

の2点となります。

Tomy
硬くなった筋肉は自らの”内圧”によってさらなる血行不良を起こします。

積極的にケアをしないと状態はなかなか改善されていきません。

ケアする上で大切なのは以下の3ステップです。

  1. 温熱=入浴、ホットパック、軽い有酸素運動
  2. 圧迫=マッサージ、筋膜リリース
  3. ストレッチ=スタティックを中心にじんわりと。

①→②→③の順番で行うと、より効果的かと思います。

ぜひ丁寧に体のケアをしてあげてください。

 

まとめ

筋硬結は筋肉の一部が”塊”となってくっついてしまっている状態ですから、当然筋肉全体のバランスも乱れてきます。

「疲れてきたなぁ、筋肉が張ってきたなぁ…」の段階での早め早めの対処が大切です。

それでも「ゴリっ!」が生じてしまった場合は、入浴→マッサージ→ストレッチの順番でケアをしてあげてくださいね。

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】