【オススメ本】「関節可動域制限」:沖田実→筋肉や筋膜がこわばるメカニズムを知りたい方へ。

今回紹介する本は沖田実の「関節可動域制限―病態の理解と治療の考え方」です。

載っている情報のほとんどは治療向け、特に理学療法士向けに書かれています。

しかし、「筋肉がこわばる仕組み」や「筋膜」に関する情報などは、トレーナーやセラピストにとっても有益だと思います。

では簡単に内容を紹介していきます。

Tomy
踏み込んだ情報を欲しているトレーナーさん・セラピストさんには必見の内容ばかりです!



内容

内容としては、3つの”章”に渡って「関節可動域に関する機能・構造」がとても詳しくまとめられています。

第1章には

  • 関節可動域の発生要因とは
  • 「皮膚」の構造と機能
  • 「骨格筋」の構造と機能
  • 「靭帯」の構造と機能
  • 「関節胞・滑液」の構造と機能
  • 「関節軟骨」の構造と機能
  • 「筋肉」の収縮メカニズム

などの「基礎的内容」が載っています。

構造、動きのメカニズムが丁寧に書かれているので、”根気”さえあれば初心者の方でも理解できると思います。

Tomy
1ページ目から”読破”しようとしないで、興味のある分野から読み進めることが大切です。

 

続いて第2章では

  • 不動による「筋線維・筋膜」の変化
  • 不動による「靭帯」の変化
  • 不動による「関節胞」の変化
  • 不動による「関節構成体」の変化

など「動かさないと、どのような変化が現れるか(拘縮のメカニズム)」がまとめられています。

私はこの章を読んで初めて「筋膜のコラーゲン線維がこわばっていくメカニズム」をすっきり理解することができました。

IMG_1824

 

第3章では

  • 筋収縮に対する治療効果
  • 拘縮に対するストレッチングの効果
  • 拘縮に対する物理療法(電気、振動など)の効果

など「こわばった状態をどうやって治していくか」が書かれています。

Tomy
1章→2章→3章とつながりのある内容なので、全体を通して読むとさらに理解が深まると思います。



オススメポイント!

文章量が多くなっていますが、適所にイラストや写真も散りばめられています。

特に「筋線維が硬くなるメカニズム」「筋膜がこわばるメカニズム」の部分は、イラスト豊富でわかりやすいです(下写真参照)

IMG_1822 IMG_1824

実際の実験結果に基づくエビデンスも豊富なので、「ホンモノ志向」の方にはたまらない一冊だと思います。

ハテナちゃん
エビデンスってな〜に?
Tomy
エビデンスというのは研究報告に基づく「根拠」です。つまり、絵空事ではなく実際に確かめましたよ、という裏付けがある情報という意味です。
IMG_1823

筋肉や筋膜の構造を発展的に勉強してみたい!とお考えの方なら、きっと「あ〜、こういう情報が欲しかった!」と言うと思います。

Tomy
自分では気づけていなかった「知りたかったこと」に出会えます。

ぜひ読んでみてください。



まとめ

内容はかなり専門的ですが、一歩踏み込んだ知識を欲しているトレーナーやセラピストにはぜひ一読してもらいたい本の1つです。

「こわばりってなんだ…!?」「筋肉、筋膜はなんで硬くなるんだ…!?」

そんな疑問に悩まされている方、必見です。

→【関節可動域制限―病態の理解と治療の考え方

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<その他のオススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】