【勉強方法】筋肉についての勉強を始めたい!効率的に勉強する為に知っておきたいこと

「何から勉強したらいいかわからない…」

「どうやって勉強したらいいかわからない…」

そんな悩み、抱えていませんか?

ハテナちゃん
「筋肉」について勉強を始めたいんだけれど…一体何から始めればいいのかよくわからなくて。。

今日は新人トレーナーやセラピストさんに向けて「効率的な勉強方法」をお伝えしていきたいと思います。



「記憶の法則」を理解して、効率的な学習を!

「勉強方法」について説明する前に、まずは「記憶の法則」からいきましょう。

記憶や学習の大原則の1つに「エビングハウスの忘却曲線」というグラフがあります。

unknown(引用:エビングハウスの忘却曲線より)

このグラフは

  • 縦軸=「節約率」
  • 横軸=「時間経過」

を表しています。

縦軸の「節約率」というのは

「一度記憶した情報を、再び完全に記憶し直すまでにかかる時間をどれだけ節約できたか」

を示す値です。

言葉だけだと少しわかりづらいと思うので、以下具体例で説明していきます。

 

<節約率とは??>

ここでは漢字ドリルで「100個の新しい漢字」を覚える必要がある、という想定でいきましょう。

いま、その全てを覚えるのに「10分間」必要だったと仮定します。

ハテナちゃん
10分で100個の漢字を覚えます!

その全てを覚えきったら、20分間の休憩時間を挟みます。

そしてその休憩の後に、もう一度漢字ドリルを取り出して覚えなおします。

20分前に一度覚えていることなので、ここでは「4分」ほどで全部を覚えきれたとします。

ハテナちゃん
最初は「10分」かかって、次は「4分」。”6分間”も短縮したんですね!

これが「節約率」の考え方です。

すなわち、

「節約率が高い」=「短い時間で思い出せた」=「より多くの情報が定着している状態」

ということです。

 

<エビングハウスにおける節約率>

「エビングハウスの忘却曲線」における「節約率」の割合は

  • 20分後→「58%」
  • 1時間後→「44%」
  • 1日後→「26%」
  • 1週間後→「23%」
  • 1ヶ月後→「21%」

です。

20分後の節約率は「58%」なので、今この瞬間に覚えた情報を20分後に再び覚えなおそうとすると、およそ4割(42%)の時間で習得することができます。

ハテナちゃん
節約率を上げる、つまり定着率を高めるためにはどうしたらいいんですか?
Tomy
鍵を握るのは「インプット頻度」です。下の表をごらんください。

「インプット頻度」が増えると、下のイラストのように↓

(引用:エビングハウスの忘却曲線より)

少しずつ「節約率」が上がっていきます。

もちろんこれは普遍的な法則なので、多少の個人差は生じます。

しかし「インプット頻度」すなわち「復習」こそが勉強のキモであることに変わりはありません。

Tomy
何回も何回も同じ情報をインプットし続けることが大切なんですね。

 

まずは興味のある所からスタート

復習の大切さをご理解いただいたうえで、次は今回のテーマである「勉強方法」についてです。

ハテナちゃん
勉強方法にもコツってありますか?正直…なかなか長続きしないんです。。

では勉強方法についても見ていきましょう。

 

<脱・学校教育式>

体の勉強をしていくうえで最も大切なのは「1ページ目から勉強しない」ということです。

中学や高校で扱う参考書の場合は、前から順番に「文法・公式」→「練習問題」→「文法・公式」→「練習問題」…となっています。

したがって、1ページ目から順番に取り組んでいかないと、後半の内容にはついていけません。

勉強が続かない人の多くは、たいていこの「学校教育式」で取り組み始めます。

もちろん、この勉強方法が悪いわけではありません。

ただ、解剖書の多くはたいてい「細胞の仕組み」などから始まっていますので「やれリボソームだ…ミトコンドリアだ…」とピンとこない言葉の羅列に圧倒されて嫌気がさしてしまいます…。

ハテナちゃん
たしかに。。

体の勉強(筋肉や解剖学、生理学)をするための参考書の多くは「各章が独立して存在している場合が多い」ため、いきなり後半のページを開いてみても何ら問題ありません。

そもそも「勉強したい!」というモチベーションになったということは、何らかの知りたい情報が出てきたということです。

それが筋肉の名称なのか、筋肉の付いている位置なのか、細胞の仕組みなのかは人それぞれですが、

「とにかくその”知りたい情報”から徹底的に勉強していく」

というスタンスが大切です。

興味のある分野から少しずつ取り組み始め、そこからさらに派生をして知識を広げていく、これが長く勉強を続けていくための”秘訣”になります。

Tomy
”読破”しようとせず、とにかく「知りたい情報」「好きな分野」から手をつけるスタンスが大切なんですね。

 

まとめ

どんな仕事でもそうですが「この仕事で食べていくぞ」と覚悟を決めたなら、自己投資としての勉強は勉強は必要です。

厳しい言い方になりますが「勉強が捗らない…」「モチベーションが上がらない…」というのは、仕事に対する覚悟が全く決まっていない証拠です。

人の体を預かるこの仕事の難しさとやりがいをしっかりと理解すれば、自ずと「勉強したい」「勉強しなきゃ」のマインドになると思います。

《中途半端な思いを捨てて覚悟を決める》

それがどんなテクニックにも勝る継続力の源です。

Tomy
やるぞ!の気持ちが大切ですね!

ぜひ頑張っていきましょう。

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は
「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】