【トリガーポイントとは】痛みの原点、トリガーポイントってどんな存在?

ハテナちゃん
トリガーポイントって何ですか?

最近、テレビや雑誌などで「トリガーポイント」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

これは「痛みの引き金(トリガー)になっている点」を指しています。

今日は「トリガーポイントの基礎知識」についてまとめていこうと思います。



トリガーポイントの歴史

「トリガーポイント」の存在は古くから知られていました。

この存在を広く世の中に知れ渡らせたのは「Janet Travell」氏「David Simons」氏の2名です。

<Janet Travell氏>

筋膜痛の存在とその重要性を認識したパイオニアです。

1942年に初めて「トリガーポイント」という言葉を用い、40年以上にわたって40以上の論文を発表しています。

ケネディ大統領の主治医をしていたことでもお馴染みです。

ハテナちゃん
この方ですね!

(引用:www.janettravellmd.comより)

 

<David Simons氏>

アメリカ空軍の航空医官として勤務していた際に、Travellと出会い、筋膜痛の存在に興味を抱いたとされています。

20年以上の間、共同研究を行い、数多くの執筆を手がけたことで有名です。

Tomy
彼らが直接出版した本といえば【トリガーポイント・マニュアルIII IV】です。

びっくりするほどの値段ですね。

トリガーポイントは最近生まれたものではなく、80年以上の長い歴史と数多くの論文(科学的根拠)に基づいて生まれてきたものなのです。

 

トリガーポイントとは

トリガーポイントというのは「硬結した筋組織の塊」です。

筋繊維の一部が何らかの影響によって、硬くこわばってしまったポイントのことを指しています。

ハテナちゃん
こんなイメージですね!

(引用:鍼灸院オアシスより)

大きさは「ピンの頭〜豆粒」ほどで、

固さは「小さなビーズ〜生ゆでのマカロニの破片」のような感触を伴います。

トリガーポイントがある筋肉内は常に緊張していて、周辺部の環境を悪化させます。

最も厄介な点は、硬結した筋組織から「筋膜」を伝って、痛みを他の箇所に送ってしまうことです。

これを「関連痛」といいます。

ハテナちゃん
どうして厄介なんですか?

従来の体のケアの基本は、痛みを感じる箇所に発生原因があるとされてきました。

しかしながら、トリガーポイントは「関連痛」を引き起こすことで、痛みの原因の特定を難しくしてしまっています。

Tomy
例えば、今感じている肩の辛さの根本的な原因は肩や首ではなく、足裏にある…ということも十分考えらるわけですね。

痛みの箇所に捉われてしまうと、真のトリガーポイントを見つけることができません。

ただ、この「関連痛」には特定のパターンがあると考えられています。

(引用:あさがや整体院より)

前述した「Janet Travell」氏と「David Simons」氏は、まさにこの特定のパターンを明確にしたことで大きな革命を起こしたのです。

 

トリガーポイントとツボの違い

ハテナちゃん
トリガーポイントって、指圧におけるツボとは異なるんですか?

トリガーポイントとツボは、似たような箇所に存在していますが、根本的には異なります。

ツボは「気の集まるところ」「気の流れが通るところ」とされ、長い歴史はあるものの、科学的に証明するのは難しい点です。

一方でトリガーポイントは、特定の筋組織が硬結しているところを指します。

筋電系で計ると微弱な「電気活動」を測定することができますし、触ると微かな「熱」を感じることもできます。

存在を科学的に証明できる、という点で、トリガーポイントとツボは異なる存在なわけです。

 

まとめ

今回はトリガーポイントの基礎知識についてまとめてみました。

トリガーポイントは「硬結した筋組織の塊」であり、筋膜を通じて「関連痛」を引き起こします。

このポイントを的確に見つけられるようになると、体の痛みを根本的に解決することができます。

興味を持たれた方はぜひ他の記事もお読みください。

ではでは今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員