【オススメ本】「ストレッチングセラピー」:Jari Ylinen→ストレッチ理論を学びたい方へ。

【ページコンテンツ:気になる箇所へのジャンプも可】

今回紹介するのは、Jari Ylinen氏の「ストレッチングセラピー」です。

ストレッチに関する理論と、全身のストレッチをカラー写真で紹介してくれるオススメの1冊です。

今日は少しだけ内容を紹介していきます。

 

内容

この本は「理論編」「テクニック編」の2つに分かれています。

理論編に115ページ、テクニック編に180ページを費やしている大書です。

理論編は基礎から応用まで「エビデンス(科学的根拠や論文データの引用)」に基づいて書かれているので、とても勉強になります。

内容としては

  • ストレッチング中の血行
  • 筋硬直へのストレッチ効果
  • 筋力へのストレッチ効果
  • ストレッチの筋膜への影響

といったストレッチにまつわる関連知識が盛りだくさんです。

また「ストレッチの種類」も多数紹介されています。

  • パッシブ・ストレッチ
  • アクティブ・アシスティッド・ストレッチ
  • ダイナミック・ストレッチ
  • バリスティック・ストレッチ
  • スタティック・ストレッチ
  • コントラクト・リラックス・ストレッチ
  • マッスルエナジーテクニック
  • カウンターストレイン
  • ファンクショナル・ストレッチ

一言でストレッチと言っても、目的や用途に応じてたくさんの種類があること、ご存知でしたでしょうか。

興味のある方はぜひ一読してみてください。

後半は「ストレッチテクニック」が紹介されています。

基本的には全て「ベットを使ったパートナーストレッチ」です。

このように↓

「筋肉のイラスト」とその筋肉の「起始停止」「ストレッチテクニック」とその「注意点」が載っています。

広背筋や大胸筋といった主要な筋肉だけでなく、胸骨舌骨筋や母指内転筋、多裂筋群などかなりマニアックな細かい筋肉のストレッチ方法も紹介されていることが特徴です。

より細かいストレッチテクニックを求めている方には、必読の内容だと思います。

 

こんな人にオススメ

とにかく「細部にこだわる一冊」になっているので、ストレッチを極めていきたい人にオススメです。

ストレッチに対してオタク気質な人(私もそうですが…)には、たまらない内容の1冊だと思います。

一方で、理論編にしても細かい文字がたくさん並んでいます。

読み込むためにはそれなりのモチベーションが必要ですから、新人トレーナーやセラピストの方はまだ手を出さないほうがいいと思います。

「もっとストレッチのことを学びたいな」という意欲が出てきたタイミングでぜひ読んでみてください。

 

まとめ

ストレッチはとても奥深いものです。

そして学べば学ぶほど、知らないことが出てきます。

そこに楽しさを感じられる人にとっては、最高の1冊だと思います。

興味のある方はこちらからどうぞ↓

では今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員