【身長とストレッチ】ストレッチをすると身長は伸びるの!?

ハテナちゃん
ストレッチをすると身長って伸びるんですか?
  • 毎日コツコツとストレッチをしたら身長は伸びる?
  • 身長を伸ばすストレッチ方法は存在する?

今日は「ストレッチと身長の関係性」についてまとめてみたいと思います。



身長が伸びるとは?

そもそも身長というのは”骨の大きさ(長さ)”によって決まっています。

成長期の骨には「骨端線:こったんせん」と呼ばれる部分があり、この幅が広がることによって骨は伸びていきます。

Tomy
成長期はこの部分が柔らかく、伸びやすいんですね!

kotutansen(引用:kodomo.lolipop.jpより

骨端線が閉じるタイミングは個人差こそあるものの、

  • 男性で17〜18歳
  • 女性で15〜16歳

ころと言われています。

このいわゆる「成長期」と呼ばれる時期に、適切な”食事・睡眠・運動”を行うと、骨は大きく伸びていくと考えられています。

 

身長を伸ばすための運動

ハテナちゃん
身長を伸ばすためには、何をすればいいんですか?

身長を伸ばすためには、骨に対して”縦方向に負荷をかける動き”が良いとされています。

de11d60a53150c0d09ba040fd3d87c58_m

”歩く・走る”はもちろんのこと、

  • 縄跳び
  • バスケ
  • バレー

といった運動(スポーツ)も有効です。

骨に刺激が入ると、前述した「骨端線」が成長していきます。

Tomy
骨への適度な負荷が必要なんですね!

しかしながら、やりすぎはもちろんNGです。

  • ランニングでは、体重の約”3”倍
  • ジャンプ動作では、体重の約”6”倍

もの負担が膝を中心とした体全体にかかってきますので注意しましょう。

 

ストレッチは”身長を伸ばすための運動”になり得る?

ハテナちゃん
ストレッチはどうですか?

残念ながら『ストレッチ=身長が伸びる』はありません。

ストレッチにおけるターゲットは”骨”ではなく”筋肉”です。

ストレッチでは”骨に対する縦方向の負荷”がやや物足りません。

Tomy
ストレッチだけでは骨に対する刺激量が少なすぎるわけですね。

 

<ストレッチの効果>

とはいえ、ストレッチにはストレッチの良さがあり、骨が成長していく過程においては重要な役割を担っています。

下のイラストを見てください。

image040(引用:トレーニングインストラクターになるにはより)

筋肉はこのように”関節をまたいで骨から骨へ”とついています。

注目すべきは、イラスト右側の”二関節筋”です。

もし、この二関節筋に付着している筋肉がガチガチに硬かったらどうなるでしょうか?

”中央部分の骨”が大きく伸びることはできるでしょうか?

ハテナちゃん
できないです。

成長期において、筋肉の柔軟性が欠如していると

  1. ”骨の成長”が妨げられる
  2. ”姿勢”が歪む
  3. 筋肉の付着部が骨から”剥がれてしまう”

といったデメリットがあります。

 

<オスグッド・シュラッター病>

下の写真のような膝を見たことはありますか?

(引用:pengin.jisseki.netより)

これは小・中学生の膝によく見られる「オスグット・シュラッター病」と呼ばれる状態です。

オスグット病は”大腿四頭筋(太もも前の筋肉)”が硬くなり、筋肉の長さが大腿骨の成長に追いつかなくなることによって起こります。

osu21(引用:しかくら整骨院より)

ストレッチは直接的に身長を伸ばすわけではありませんが、”姿勢の歪みを防いで骨の成長を妨げない”という点において非常に重要です。

Tomy
だからこそ成長期にストレッチは欠かせないんですね!

ぜひ子供の頃からストレッチを習慣化していきましょう。

 

どんなストレッチを行うべきか?

ハテナちゃん
どんなストレッチが必要ですか?

”姿勢の歪みを防ぎ、骨の成長を妨げない”という観点で考えれば、

  • 股関節まわり
  • 膝まわり

のストレッチは必須でしょう。

”開脚動作””四股動作””太もも前側””裏側””ふくらはぎ〜アキレス腱”のストレッチはぜひ取り入れたいところです。

また成長期における”怪我予防”の観点で考えれば、

  • 肩甲骨まわり
  • 肩まわり
  • 肘まわり
  • 腰まわり

のストレッチも取り入れるべきかと思います。

それぞれのストレッチ方法については、ぜひ以下の本もご参照ください。

 

まとめ

ストレッチは身長を伸ばすことに”直接的には”繋がりません。

しかし、柔軟性を高めておくことは、姿勢の歪みを防ぎ、骨の成長を妨げないという点において非常に重要です。

ぜひ子供にもしっかりと伝えていきましょう。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>


ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!