【筋肉と筋膜の違い】筋肉と筋膜の構造を「みかん」で例えてみると…?

ハテナちゃん
筋肉と筋膜の構造って、イマイチよくわかりません…

おそらく今このブログを読んでいる方の中にも、同じような悩みを抱いている方がいるのではないかと思います。

今日は「筋肉と筋膜の構造」”わかりやすく”まとめてみたいと思います。



筋肉とみかんの構造

まずは筋断面の構造を見てみましょう。

筋肉にはそれぞれ「区画」があり、すべての筋肉が一枚岩でつながっているわけではありません。

Tomy
太ももの断面はこのようになっており、黒い線が「区画」を示しています。

(引用:rehatora.netより)

この関係性を”みかん”で例えてみましょう。

ハテナちゃん
え!?みかんで?

 

【みかんの構造】

<①外皮=皮膚>

まずは「一番外側の硬い皮」からいきましょう。

ハテナちゃん
このオレンジの外皮部分ですね!

ここは人間でいうところの「皮膚」にあたります。

外界と中身を隔てる”壁”としての役割を担っています。

 

<②白いフワフワ=脂肪>

続いて「外皮を向いた時に現れる白いフワフワ」です。

ハテナちゃん
ここですね!

ここは人間で言うところの「脂肪」です。

ある程度の”厚み”を保つことによって、外界からの刺激を緩和し、中身を守ってくれています。

 

<③みかんの果肉=筋肉>

次に普段わたし達が食べている「果肉部分」です。

ハテナちゃん
ここですね!

ここがまさに「筋肉」です。

断面の大部分がこの筋肉(果肉部)によって占められています。

ちなみに中央の空洞部分が「骨」にあたります。

 

<④1つ1つの房=骨格筋>

続いてこの「果肉部分」を1つ1つの「房」に分けてみましょう。

ハテナちゃん
これですね!

この「房」が”上腕二頭筋”や”大胸筋”などの「骨格筋」にあたります。

Tomy
太ももの断面図だと

  • 大腿直筋
  • 中間広筋
  • 大内転筋

などがこれですね!

(同上)

 

<⑤薄皮=筋膜(筋周膜)>

④の「房」をさらに詳しく見ていきましょう。

1つの「房」の周りには、それぞれ「白く薄い皮」がついています。

ハテナちゃん
これですね!

この「薄皮」こそが「筋膜(筋周膜)」です。

1つ1つの「房」を区切り、存在を確立する役割をもっています。

 

<⑥房の中の果肉=筋線維>

⑤の「薄皮」の中を見ていくと、そこにはさらに小さな「果肉の集合体」が見て取れます。

ハテナちゃん
これですね!

この小さな果肉が「筋線維」です。

そして、これを包み込んでいるさらに薄い皮が「筋内膜」にあたります。

 

筋膜の重要性

ハテナちゃん
筋肉の構造、なんとなくわかりました!

特に注目して見ていただきたいのが、「薄皮」です。

これは筋肉でいうところの「筋膜(筋周膜)」であることを上述しました。

この”膜構造”は、非常に強力です。

もし仮に果肉部分の水分が抜けてスカスカになったとしても、この膜構造は最後まで残り続けます。

Tomy
こんな感じですね。

(引用:新感覚ドライフルーツre:fru[リフル] 生産工場便りより)

つまり、最終的にみかんの形を構成しているのは「果肉部分」ではなく、この「薄皮」であるわけです。

これは人間においても同様です。

体の構造を作り出しているのはそれぞれの筋肉ではなく、筋肉を覆う”膜”であり”枠組み”でもある「筋膜」です。

だからこそ、筋膜に対するアプローチは非常に大切なのです。

ハテナちゃん
なるほど。改めて筋膜の大切さを理解しました。

 

ストレッチやマッサージの効果とは?

最後に「ストレッチやマッサージの効果」もみかんを使って、見てみましょう。

ハテナちゃん
マッサージは、こんな感じで揉みこねていくイメージですね。

強い力で揉んでしまうと中の果肉が砕けてぐちゃぐちゃになってしまいますが、適度に揉めば”壁”がほどけてむきやすくなります。

この時、みかんの内部では

  • 水分がより乾燥した部位へと流れ込んでいく
  • 「皮」同士が滑り合い、1つ1つの房がより独立した存在になっていく

という2つの現象が起こっています。

人間の体でも、これと同様のことが起こります。

適度な力で揉みほぐせば、水分が行き渡るとともに筋肉同士がスムーズに動くようになるわけです。

Tomy
ストレッチやマッサージには、血液循環を促して”組織内の水分バランス”を整える効果があるんですね。

 

まとめ

筋肉や筋膜を「実際に目で見る」ことはなかなかできません。

座学勉強だけでイメージが持てない方は、ぜひ実際にみかんやグレープフルーツを切ってやってみてください。

イメージができると理解は急速に進みますので、試してみる価値はアリかと思います。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!