【オススメ本】「膜・筋膜-人体の張力ネットワーク」:武井仁→筋膜に関する最新情報をゲットしたい方へ。

【ページコンテンツ:気になる箇所へのジャンプも可】

今回紹介するのは、武井仁氏の「人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチ」です。

サブタイトルが「最新知見と治療アプローチ」となっているように、とにかく筋膜に関する最新の情報が盛りだくさんの1冊です。

なんと1冊およそ1万円

今日は簡潔に内容を紹介していきたいと思います。

Tomy
やっぱり専門書はお高い。でもそれだけ希少価値はありますよ!

内容

ページ数は「全542ページ」

カバンに入れて持ち運ぶのが厳しく感じるほど、重量感があります。

3部門8パートに分かれている本書は、とにかく情報量が豊富です。

筋膜に関する知識を深めたい人なら、絶対に喰いつく情報が多数あると思います。

例えば

  • 「伝達機能としての筋膜の役割とは?」
  • 「筋膜連鎖とは?」
  • 「筋膜は生きている?」
  • 「筋膜機能へのPH値の影響とは?」
  • 「筋膜におけるトリガーポイントとは?」
  • 「筋膜の触り方とは?」
  • 「筋膜とストレッチングの関係性とは?」
  • 「ロルフィングとは?」
  • 「刮痧とは?」
  • 「筋膜に対する振動・電気・温熱の効果とは?」
  • 「筋膜の適応性とは?」

(*目次の引用ではなく、内容の概要です)

これらの情報の中で「知りたい!」という項目があった方は、ぜひ読んでみてください。

Tomy
ネットや雑誌などには上がってこない「ホンモノの知識」が身につくと思います。

 

<テキストのイメージ>

専門書に該当されるため、(当たり前ですが)文字は細かく、文字数は多いです。

「活字が苦手…」という人にはハードルの高い本だと思います。

大きな特徴としては、どのパートの内容にも20〜30以上の引用・参考文献が紹介されていることです。

すべての情報に対して「裏付け(エビデンス)」が明確化されているため、「伝える側・発信する側」の人にとっては欠かせない1冊になるのではないかと思います。

また、各パートの内容がそれぞれ”独立”しているのも大きな特徴です。

ハテナちゃん
こういう字ばっかりの本、わたしニガテ…
Tomy
1ページ目からコツコツ読み進めるのではなく、目次を参考にして「興味のあるところから」ガンガン読んでいくのがオススメですよ!

ぜひ覚悟を決めて勉強してみるのもいいかと思います。

まとめ

手にした方はわかると思いますが、とにかく「大書」という言葉がぴったりの筋膜本です。

情報量が豊富なため、

「あ〜、たしかにこういうことが知りたかったな」

という、今の自分が気付いていなかった疑問にどんどん出くわします。

値段はそれなりにかかりますが、それだけの希少価値はあり、コスパは◎だと思います。

ネットや雑誌の内容に「?」を抱えている方、ぜひ読んでみてください。

興味のある方はこちらからどうぞ↓

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は
「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】