【筋トレ後のストレッチ】トレーニング後にストレッチをすると筋トレ効果は増加する!?

ハテナちゃん
筋トレの後ってやっぱりストレッチをしたほうがいいんですか?

筋トレをする人の中には、筋トレ後のストレッチを嫌う人がいます。

パンプアップ感を感じたい気持ちは十分わかりますが、そのタイミングでストレッチを行うと「筋トレ効果」をさらに高めることができるとも言われています。

今日は「筋トレ後のストレッチ」について考えてみたいと思います。



筋トレ後のストレッチ効果

ストレッチを扱う先行研究の中に非常に興味深いものがあります。

それは『Vandenburgh and Kaufman,1983』です。

この実験では以下のような報告が挙がっています。

「アミノ酸(タンパク質)が筋細胞に移動する際にストレッチ刺激を加えると、細胞内部の合成を加速させ、タンパク質の減成割合を抑制する」

というものです。

これを分かりやすくまとめると

「筋トレ後、筋肉が大きくなろうとしているタイミングでストレッチを行うと筋トレ効果が促進される」

ということです。

ハテナちゃん
そんなことがあるんですね!!

ストレッチは興奮した筋細胞を抑制(リラックス)させるだけでなく、

  • 筋細胞の自己修復を助ける
  • エネルギーを生み出すための酵素と構造物の合成を助ける

ことによって、細胞の良好な代謝を可能にする効果もあるわけです。

Tomy
筋トレ後のストレッチは「筋肉痛の予防」「筋トレ効果の促進」という2大効果が見込めるんですね。

ぜひ筋トレをした後は、疲労した筋肉を丁寧にストレッチしてから終了するようにしてみてください。

 

まとめ

筋トレ後にストレッチをすると筋細胞の自己修復を助けることができる、という事実はとても興味深いです。

筋トレ”前”のストレッチは「筋出力を低下させる」などとも言われ敬遠される一面がありますが、筋トレ”後”のストレッチには特にマイナス要素はありません。

5分でいいので時間を確保して、ストレッチをしてみてください。

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】