【超オススメ:fitbit Alta HR】健康管理の新時代!フィットビットアルタHRの使い方とオススメ理由

ハテナちゃん
フィットビット…?

フィットビットというのは、手首につける「時計」「活動量計」です。

私も個人的に使っていますが「健康」に興味のある方には、とてもオススメです。

今日は少しだけ魅力をお伝えしたいと思います。



こんな人にオススメ

ハテナちゃん
そもそもフィットビットって何ができるんですか?

フィットビットは、手首につけて自分の健康や活動状況を「見る」ことができます。

大きさは幅およそ1cm、画面部分もバンド幅に収められており、とてもシンプルな設計です。

画面の横を軽く2回叩くと、デジタル表示(時計心拍数)が現れます。

さらに叩くと「歩数」や、

歩いた(走った)「距離」

「消費カロリー」や、

運動を継続した「時間」なども、

見ることができます。

健康に気をつけている人が知りたい情報を、ワンタッチで表示してくれる画期的なアイテムです。

ハテナちゃん
でも同じような機能がついている商品ってたくさんありませんか?

フィットビットの最大のポイントは「心拍数の測定」がすぐにできるというところです。

そもそも運動中の「心拍数の高さ」「運動強度」の間には、比例関係があります。

Tomy
平均的な最大心拍数は「220ー年齢」です。健康的な30歳なら、最大心拍数は190拍ということですね。

運動強度の目安は、おおよそ最大心拍数の70~85%です。

85%を超えると「高強度運動」となり、長時間の運動継続が難しくなります。

仮に最大心拍数を190拍に設定すると、

  • 70%=133拍
  • 85%=161拍

となります。

つまり、筋トレやランニング中の心拍数を133~161拍に留めておくようにコントロールすると、適度な強度の運動を実践できていることになるわけです。

Tomy
もちろん、これは「目的」によっても異なります。

160拍は運動歴の浅い人にとっては”上げすぎ”ですが、運動歴が長く心肺機能を高めていきたい人にとっては”目標ライン”となってきます。

心拍数がわかるということは

  • 疲れの度合い
  • 運動の強度

がわかるということなので、運動のペース頻度もコントロールすることができるようになってきます。

運動中すぐに心拍数がわかる装置なのに、運動の邪魔にならないサイズ感…というのが最高なんですね。

ぜひご自身の運動強度の設定にご活用ください。



他にもまだあるオススメ機能

Tomy
すごいのはこれだけじゃありません。他にもまだまだオススメ機能が盛りだくさんです!

フィットビットは、スマホのアプリにも連動しています。

ハテナちゃん
えぇ!アプリにも!?

アプリダウンロードすると、このような表示が出てきます。

上にあるのが

  • 歩数
  • 距離
  • 消費カロリー
  • 運動継続時間

です。

毎日のデータが一覧になって表示される画面もあるので、運動状況を記録として残しておくこともできます。

また右下に「6時間53分」と書いてある半円と三日月のマークがあると思います。

これが「睡眠」です。

夜寝るときにフィットビットをつけておくと、就寝から起床までのデータを詳細にとってくれます。

項目としては

  • 目覚めた状態
  • レム睡眠=記憶や気分に関係する
  • 浅い睡眠=睡眠の大半であり、心身の回復時間
  • 深い睡眠=疲労回復や学習の定着に関係する

となっているので、自分の睡眠状態を客観的に「見る」ことができます。

このデータをもとに寝具や音などの就寝環境にも配慮できるようになると、生活の質は上がってくると思います。

ハテナちゃん
フィットビット。。すごいですね。

他にも「チャレンジ」「アドベンチャー」というゲーム形式のコーナーもあり、歩数に応じてニューヨークの街並みや国立公園の風景などが楽しめるようにもなっています。

運動に興味がある人だけでなく、これから運動を始めていきたい人にもオススメです。

きちんと正しく広がれば、これからますます人気になってくると思います。

 

まとめ

自分の体は1つしかなく、人生も一度しかありません。

この唯一無二の今の時間を大切にするためにも、健康への投資は必要不可欠です。

ぜひご自身の健康管理にお役立てください。

フィットビット、純粋にオススメします↓

では今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員