【浅層フロントライン】ハッと反射する!「浅層フロントライン」の位置と役割:Anatomy Train Superficial Front Line

このブログでも大人気のアナトミートレインシリーズ

ハテナちゃん
今日はどのラインについてですか??
Tomy
今回は体の”前面”を走る「浅層フロントライン」について学んでいきましょう!

その前に「アナトミートレインってなに!?」という方はまずこちらからどうぞ→「アナトミートレインの基礎知識」まずは知っておきたい3つの原理。



浅層フロントラインの位置関係

浅層フロントラインは別名「SFL:スーパーフィシャル・フロント・ライン」と呼ばれています。

体の「前面の表層」に存在している基本的なラインで

  • 姿勢の維持
  • 反射活動

に重要な役割を果たします。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

ハテナちゃん
具体的にはどんな筋肉が連なっているんですか?
Tomy
筋肉名で言うと

上半身が

  1. 頭皮筋膜
  2. 胸鎖乳突筋
  3. 胸骨筋
  4. 腹直筋

下半身が

  1. 大腿直筋
  2. 前脛骨筋
  3. 前下腿区画

となっています。

ハテナちゃん
ほぉ〜!首からつま先まで、身体の前側を通っているんですね。
Tomy
そうなんです。身体のバランスを取るうえでは重要なラインの1つです。

「浅層フロントライン」は他のラインと異なり、上半身と下半身が1つの筋膜でつながっていません。

座っている時や、股関節を曲げている時は

  • 「頭〜骨盤」
  • 「骨盤〜つま先」

2ラインに分けられてしまいます。

この位置関係をしっかりと頭の中に入れておきましょう。

 

特徴と役割

この浅層フロントラインは「速筋線維」がメインとなって構成されています。

ハテナちゃん
速筋線維って何ですか?
Tomy
簡単に言うと瞬発力に優れ、パワーのある筋肉です。白身魚をイメージしてもらえるといいかと思います。

速筋線維が優位であるということは、反応力に秀でていることを示します。

大きな音や振動などの外界刺激に対して「ハッと身をすくめる」反応は、このラインの代表的な反応です。

これは体を守るための重要な反応でもあります。

 

ケアのポイント

ハテナちゃん
ケアをする際に気をつけることってありますか?
Tomy
先ほどもお伝えしたように、このラインは上半身と下半身が一本ではつながっていません。

したがってストレッチをする際は「股関節を伸ばしておくこと」が大切です。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

ただ、全面を一気に伸ばそうとすると上のイラストのように”腰が反ってしまう”リスクがあります。

「腰痛持ちの方」や「体の硬い方」は要注意の動きです。

安全なケア方法としては、器具を活用したストレッチがあります。

Tomy
ストレッチポールやフォームローラーを当ててコロコロしていくのがオススメです。

0ea4f08bf6ab226b378dea0b055356b2(引用:ストレッチポール公式ブログより)

こちらも参考にしてみてください→【コアコンディショニングとコアセラピー (KSスポーツ医科学書)

 

まとめ

「浅層フロントライン」の構造はいかがでしたか?

ストレッチというと体の”背面側”を伸ばす種目をイメージしがちですが、体の”腹面側”を伸ばすことも大切です。

ハテナちゃん
「前が縮めば、後ろが伸びて…」「前が伸びれば、後ろは縮む…」バランスが大切ですね。
Tomy
その通りです。丁寧にケアしていきましょう!

*後ろのライン(浅層バックラインについてはこちら:【浅層バック】キレイな姿勢維持に必要な「浅層バックライン(SBL)」の位置と役割:アナトミートレイン

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】