【ラテラル(側面)】動作サポートに重要な「ラテラルライン」の位置と役割:Anatomy Train Lateral Line

このブログでも大人気のアナトミートレインシリーズ第3弾!

ハテナちゃん
今日はどのラインについてですか??
Tomy
今回は体の”側面を走る「ラテラルライン」について学んでいきましょう!

その前に「アナトミートレインってなに!?」という方はまずこちらからどうぞ→「アナトミートレインの基礎知識」まずは知っておきたい3つの原理。



ラテラルラインの位置関係

ラテラルラインは「Lateral Line」と表記します。

このラインは体の”側面”を通るラインです。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

ハテナちゃん
キレイに体の真横を通るんですね!筋肉名でいうとどのあたりですか?
Tomy
筋肉名で言うと

  1. 頭板状筋・胸鎖乳突筋
  2. 肋間筋
  3. 外腹斜筋
  4. 大腿筋膜張筋・張脛靭帯
  5. 腓骨筋

となっています。

体の左右に均等に配列されたこのラインは、伸縮性にこそ富んでいないものの、体のバランスを整えるうえで非常に重要な役割を担っています。

 

ラテラルラインの特徴と役割

ハテナちゃん
このラインにはどんな役割があるんですか?

ラテラルラインの働きを一言でまとめると「テントのワイヤー」です。

9996310190193
Tomy
両側のワイヤーがしっかりと張られているテントは安定していますよね?

人間の体も同じく、ラテラルラインが働いていると体の動きが安定してきます。

人間の動作というのは本来「屈曲」と「伸展」(いわゆる”曲げ伸ばし”)がメインとなっています。

歩く動作1つをとっても、

  • 股関節がまっすぐ前方に屈曲し、
  • ひざ関節がまっすぐに伸展し、
  • 足関節(足首)がふらつかない。。

これらの動きの組み合わせが効率のよい歩行動作を生み出しています。

もし「ラテラルライン」が機能しなくなってしまうと、一歩ごとに体が左右へとふらつき”真っすぐ前方に”という動きが失われてしまいます。

ハテナちゃん
「真っすぐ」の動作を取るためには「ラテラルライン」が大事なんですね!
Tomy
その通りです。

一見するとあまり目立たないラインですが

動きの”方向性”をサポートし、より効率的な運動ができるように体を支える』

という重要な役割を担っています。

 

ラテラルラインのケアのポイント

「ラテラルライン」は筋長の短い「肋間筋」や線維性の強い「張脛靭帯」などを含んでいるため、性質上あまり伸縮性に富んでいません。

また役割としても”動作の支持”がメインとなっていますので”固めている”動きが多くなります。

そのため、筋肉も固まりやすく、血流制限が起きやすい部位です。

Tomy
「支えている」時間が長いがゆえに、こわばりやすいんですね。

また左右差のバランスも乱れやすいので、定期的にチェックすることが大切です。

ハテナちゃん
チェックってどうやってやればいいんですか?
Tomy
チェック方法は簡単!鉄棒やドアの入り口などに脱力状態のままで、ぶら下がってみてください。

腰痛改善おすすめマットレスと布団をプロが教えます!より)

肩・骨盤の高さの違い、つま先の長さの違いを比べてみると、バランスの乱れに気がつくと思います。

ケアの方法としては

  • 体側を伸ばすストレッチ系
  • ストレッチポールなどを活用したコンプレッションケア(圧迫をかけて押し伸ばす)

がオススメです↓

images img59018124

体側はケアのしにくい箇所ですが

  • 首まわり
  • 肋骨まわり
  • 臀部まわり

のケアを中心に行うとバランスが整いやすくなります。

ストレッチポールを使ったエクササイズに関しては【コアコンディショニングとコアセラピー (KSスポーツ医科学書)】をご参照下さい。

 

まとめ

「ラテラルライン」の構造はいかがでしたか?

体の側面は意識的にケアをしないと見逃してしまいがちです。

疲労が溜まりやすい箇所でもあるので、定期的にバランスチェックをしていきましょう。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は
「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】