【アームライン】日常生活で必須な「アームライン」の位置と役割:Anatomy Train Arm Line

このブログでも大人気のアナトミートレインシリーズ第5弾!

ハテナちゃん
今日はどのラインについてですか??
Tomy
今回は”胸〜指先”を走る「アームライン」について学んでいきましょう!

その前に「アナトミートレインってなに!?」という方はまずこちらからどうぞ→「アナトミートレインの基礎知識」まずは知っておきたい3つの原理。



アームラインの特徴と役割

アームラインは体の”前後”及び”深さ”で4種類に分けられています。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

まずは体のオモテ面(前側)を走っている2つのラインを紹介していきます。

 

①「浅層フロントアーム」

まず1つ目が「浅い」筋肉群です。

このラインはSFAL(スーパーフィシャル・フロント・アーム・ライン)とも呼ばれています。

(引用:同上)

ハテナちゃん
上のイラストの”右腕”の方ですね。実際にはどの筋肉を通っているんですか?
Tomy
ラインの走行はこのようになっており↓

筋肉名で言うと

  • 大胸筋・広背筋
  • 内側筋間中隔
  • 前腕屈筋群
  • 手根管

となります。

「浅層フロントアーム」は「大胸筋」「広背筋」という大きな筋肉から始まり、「前腕」を通って「指先末端」へとつながっています。

大胸筋や広背筋といった体幹部分の筋力の強さは、前腕屈筋群の筋力の強さに影響し、結果として「握力の強さ」とも密接な関係性をもっています。

ハテナちゃん
ふむふむ、なるほど。

(引用:www.showapuroresu.comより)

こういうのは指の強さだけではなくて、胸筋や広背筋の力も加味されているんですね。

Tomy
その通りです!パワーを生み出すのは1つの筋肉だけではないことをぜひ覚えておいてくださいね。

 

②「深層フロントアーム」

2つ目はオモテ側の「深い」筋肉群です。

このラインはDFAL(ディープ・フロント・アーム・ライン)とも呼ばれています。

(引用:同上)

ハテナちゃん
次はイラストの”左腕”の方ですね。実際に通る筋肉は…?
Tomy
こちらのラインは、先ほど紹介した①の筋肉群の1つ「下位層」に存在しています。

ラインの流れはこのようになっており↓

筋肉名でいうと

  • 小胸筋
  • 上腕二頭筋
  • 橈骨骨膜
  • 母指球筋

となっています。

こちらのラインは、大胸筋の下に位置している「小胸筋」から”力こぶ”を作る「上腕二頭筋」へとつながり、「前腕内部」を通って最終的には「親指」へと終着します。

ハテナちゃん
へぇ〜、”浅層”は「四指」につながり、”深層”は「親指」につながるんですね。
Tomy
そうなんです。

ストレッチをする際には指の向き(角度)にも意識を向けることが大切です。

 

③「浅層バックアーム」

続いて3つ目はウラ側の「浅い」筋肉群です。

このラインはSBAL(スーパーフィシャル・バック・アーム・ライン)とも呼ばれています。

(引用:同上)

ハテナちゃん
上のイラストの”右腕”の方ですね。実際にはどの筋肉を通っているんですか?
Tomy
ラインの走行としてはこのようになっており↓

筋肉名で言うと

  • 僧帽筋
  • 三角筋
  • 外側筋間中隔
  • 前腕の伸筋群

となります。

まさに”肩こり”の原因となる「僧帽筋」「三角筋」と高い連動性をもって働いています。

このラインは「前腕の伸筋群」そして「指先」へと終着するため、指を伸ばす動作の際によく使われます。

ハテナちゃん
わたし、デスクワークの時間が長くて、肩こりがひどいです…。

パソコンでのタイピングは常に指先を上げた状態をキープするため、このラインが使われています。

長時間のデスクワークによって「前腕の伸筋群」がこわばると、そのこわばりは「三角筋」を通じて「僧帽筋」へと行き着きます。

それが結果として”肩こり”の1つの要因となってしまうのです。

Tomy
デスクワークで肩が凝ってしまう方は「前腕」からケアしていくことが大切です。

 

④「深層バックアーム」

ラストの4つ目はウラ側の「深い」筋肉群です。

このラインはDBAL(ディープ・バック・アーム・ライン)とも呼ばれます。

(引用:同上)

ハテナちゃん
最後はイラストの”左腕”の方ですね。実際にはどの筋肉を通っているんですか?
Tomy
「深層バックアーム」は③の「下位層」を走っているラインです。ラインの流れはこのようになっており↓

筋肉名でいうと

  • 菱形筋(肩甲挙筋)
  • ローテーターカフ(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)
  • 上腕三頭筋
  • 尺骨の骨膜
  • 小指球筋

となります。

ポイントは「ローテーターカフ」を含んでいる点です。

「ローテーターカフ」というのは、上腕骨が肩甲骨の凹みからすっぽ抜けないように固定をしているインナーマッスルです。

このローテーターカフは背中側の「菱形筋」と腕側の「上腕三頭筋」と同じ深さでつながり、連動しています。

ハテナちゃん
なるほど…ということは、肩関節を強化するためには「菱形筋」「上腕三頭筋」も合わせて鍛えることが大切なんですね。
Tomy
まさにその通りです。筋肉のつながりを知ることは、ケアだけでなく、トレーニングにも役立つのです。

 

アームラインの特徴と役割

アームラインは日常生活におけるさまざま動きで使われています。

  • パソコンを使う
  • 字を書く
  • 運転する
  • 洗濯物を干す
  • 料理をする

などは全てアームラインの影響を受けています。

ハテナちゃん
たしかに日常生活の中では何をするにせよ、腕を使ってしまいますね。

 

<フロントアーム>

前述したように「フロントアームライン」は「前腕の屈筋群」を通過しているので、指を曲げる=モノを持つ(掴む)動作に関して大きな影響を与えています。

長時間、重い荷物を持ち運んだ後には「前腕部分」と併せて「大胸筋」「広背筋」のケアも行うことが大切です。

Tomy
筋肉のつながりを考えると

  • 「四指」を曲げる動きをしたら=前腕大胸筋(広背筋)
  • 「親指」を曲げる動きをしたら=上腕二頭筋小胸筋

のケアをするのがオススメです。

 

<バックアーム>

一方で「バックアームライン」は「前腕の伸筋群」を通過しているので、指を伸ばす動作に関して大きな影響力をもっています。

「手のひらを開く」もしくは「指を伸ばす」ような動きが多かった際には「三角筋」「僧帽筋」のケアも併せて行うことが大切です。

Tomy
「フロントアーム」と同じ観点でいえば

  • 「四指」を伸ばす動きをしたら=前腕三角筋・僧帽筋
  • 「小指」を伸ばす動きをしたら=上腕三頭筋ローテータカフ

のケアをするのがオススメです。

 

ちなみにアームラインは背骨や体幹部の一部ではないので「姿勢」への直接的な影響はありません。

しかし、他のラインと”継ぎ目なし”でつながっているという特徴があります。

丁寧なケアが必要な筋肉群であることを覚えておいてください。

 

まとめ

アームラインは「前後に分かれている」&「深さも異なっている」ので、それぞれのラインに対するアプローチが必要です。

ぜひ筋肉のつながりを意識してストレッチしてみてください。

*ストレッチのやり方についてはこちら→【イラストでわかるストレッチングマニュアル

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】