【ストレッチによる美肌効果】ストレッチには肌をピチピチに若返らせる働きがある!?

ハテナちゃん
ストレッチに美肌効果ってありますか?

経験則になりますが、日常的にストレッチやヨガを行っている方の肌はとてもキレイです。

今日は「ストレッチと美肌の関係性」についてまとめていこうと思います。



ストレッチにある「水和作用」とは?

実はストレッチには、体内の水分バランスを整える効果があります。

過去の文献(Chen et al 2008)にも、下記のような一文があります。

  • 「ストレッチングは、細胞間隙から過剰な水分をリンパ管に絞り出すことによって、浮腫の軽減だけでなく、脱水組織の循環動態を増加させると考えられる。」
  • 「水分とタンパク質に依存した相互作用を考えると、組織の水和作用の役割は大きい。」
  • 「表面の水和は、細胞代謝に不可欠な媒体であるだけでなく、タンパク質の構造安定性と柔軟性に不可欠である。」
ハテナちゃん
わわわ!難しい。。

この内容を要約すると、

ストレッチをすることで

  • むくみを軽減できる
  • 乾いている組織に水分を送り込み、組織を復活させることができる
  • 柔軟性を高めることができる

ということです。

Tomy
水分が溜まっているところは押し流し、不足しているところには流し込む…

ストレッチはそんな役割も担っています。

 

【せん断力がポイント】

ハテナちゃん
水分の分配というのは、どんなメカニズムで起こっているんですか?

ストレッチによって筋肉・皮膚・筋膜・腱・靭帯などの周辺組織を伸ばしていくと、そこには「せん断力」と呼ばれる力が生じます。

「せん断力」というのは「物体に対してズレを生じさせる力」です。

Tomy
こんなイメージです。

E3819BE38293E696ADE5BF9CE58A9B

両外側に向かって筋肉を伸ばすと、筋肉には縦方向に圧迫が加わります。

これによってズレを生じさせる力が起こり、組織内に含まれている過剰な水分が外に出て行きます

外に出た水分は、より脱水を起こしている組織へと入っていき、体全体の水分バランスが整ってくるという原理です。

 

ストレッチでピチピチ肌をゲットせよ!

「せん断力」による水分の再分配は、全身で起こります。

一部の組織に過剰に溜まっていた水分が体内を巡るようになると、毛細血管を通じて皮膚にも水分が回ってくるようになります。

皮膚には「プロテオグリカン」という水分を貯めておく「小さなプール」がいくつも存在しています。

Tomy
こんな構造です。

83v838d83e83i94e795868d5c91a2(引用:u-connect.co.jpより)

ここにはスポンジのように「絞りと再吸収」を行う作用があり、

  • 水分量が増えるほど粘性が弱く(=柔らかい:サラサラ状態
  • 水分量が減るほど粘性が強く(=硬い:ドロドロ・カサカサ状態

なる性質があります。

プロテオグリカンが水分を保持すると、肌の弾力は強まり「ピチピチ肌」へと変わってきます。

ハテナちゃん
なるほど!だからストレッチをしている人の肌はキレイなんですね!

f9edb18cf409f1408a1566fdd12bb8cb_m

ストレッチは筋肉の柔軟性を高めるだけでなく、肌をキレイにする効果もあるのです。

 

まとめ

「せん断力」の存在はなかなか認知されていませんが、非常に重要な役割を担っています。

ストレッチは美容にも最適です。

ぜひ毎日少しずつ取り組んでみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

うぱ
今日もありがとうぱ!
 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員