【体の連鎖】「手首くるっと法」で姿勢を改善!?知っておきたい体の連鎖

ハテナちゃん
デスクワーク中、どうしても姿勢が悪くなってしまいます。

どうしたらいいですか?

自覚はあれど、なかなか治らないのが姿勢の悪さです。

デスクワーク中に猫背姿勢になることで「首こり・肩こり」に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

今日はとっておきの「姿勢改善方法」をお教えしたいと思います。



猫背の正体

まず姿勢のメカニズムから理解していきましょう。

悪い姿勢の中で最も典型的なものが「猫背」です。

ハテナちゃん
猫背…なかなか直りません。。

%e7%8c%ab%e8%83%8c%ef%bc%94[体幹トレーニング方法NAVIより]

ではこの猫背姿勢のとき、体の中では何が起こっているのでしょうか?

ポイントは以下の2つです。

  • 「肩甲骨」が外側に流れてしまっている(外転)
  • 「骨盤」が後ろに倒れてしまっている(後傾)

1つずつ見ていきましょう。

 

【「肩甲骨」が外側に流れてしまっている(外転)】

「肩甲骨」というのは、腕の付け根になっている平坦な骨です。

この骨は肋骨の上に”乗っかっている”状態で存在しているため、上下左右にスライドすることができます。

このスライド動作における「外への動き」が猫背姿勢を引き出しています。

Tomy
「外転」という動きです。

124324110157816122952_07a[引用:URL – FC2より]

肩甲骨が外に流れれば流れるほど、背中が丸まり、頭が前方へと倒れていきます。

これが背中〜首への大きな負担となっています。

 

【「骨盤」が後ろに倒れてしまっている(後傾)】

猫背を引き出しているもう1つが「骨盤」です。

骨盤は足(大腿骨)の付け根になっており、上半身と下半身をつなぐ非常に重要な部分です。

この骨盤が後ろに倒れてしまうと、背中が丸まってしまいます。

Tomy
こちらは「後傾」という動きです。

images[引用:ボディサプライズより]

先ほどの肩甲骨の動きと合わせると、より猫背が強調されるのが実感できると思います。

実はこの肩甲骨と骨盤の2つの動きは「連動」しています。

  • 「肩甲骨」が外に流れる→「骨盤」は後ろへ倒れる
  • 「骨盤」が後ろへ倒れる→「肩甲骨」は外へと流れる

という連鎖構造が起こっています。

猫背姿勢が強まってしまっている人は、この「負の連鎖」が体の中に染み付いています。

では次にこの「負の連鎖」を断ち切るテクニックを紹介します。

 

「手首くるっと」姿勢改善法

人間の体は全ての動作が「連鎖」しています。

したがって「連鎖」をうまく活用すれば、小さな動きで大きな成果を得ることができます。

今日は紹介するのは「手首くるっと法」です。

ハテナちゃん
手首くるっと法…?

やり方は非常に簡単です。

今、下向きに向いている腕を…

img_2148

くるっとひっくり返して上向きにします。

img_2149

…え、これだけ?

Tomy
そう、これだけです。

ぜひ騙されたと思ってやってみてください。

 

これは立っている状態でも「手のひらを正面へ向けること」で同じ効果を得られます。

体の力を抜いて「手首くるっと法」を実践すると、胸が開いて肩甲骨が寄ってくる感覚が分かると思います。

感覚の良い方は、椅子に座っている状態で「坐骨が立つ」イメージを持つこともできると思います。

ハテナちゃん
ほんとですね!背骨が反る感じがします!
Tomy
注意点としては、前腕を回す「回内・回外」の動きではないということです。

手の動きに合わせて肘〜上腕部も正面へ向け、”肩から回す”イメージを持ちましょう。

 

【デスクワークで猫背になる理由】

長時間のデスクワークで猫背になってしまう…

これは「画面を注視する」という理由だけではありません。

キーボードを叩くために「手のひら〜腕」下を向いていることによって、必然的に肩甲骨が外へ流れ、骨盤が後ろに倒れてしまっているわけです。

Tomy
この動きは骨格的なものなので、止めようがありません。

だからこそ、適宜いつもとは逆の動きを取り入れて体のバランスを保つことが大切です。

ハテナちゃん
姿勢が悪いと感じたら、とりあえず「手首くるっと法」をやっていきたいと思います。

 

まとめ

体の連鎖を理解していると、小さな動きで大きな変化を生み出すことができます。

姿勢に関してさらに勉強したい方は【運動連鎖~リンクする身体 (実践mook・理学療法プラクティス)】などを読んでいただくと興味深いのではないかと思います。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】