【ケトン体とは】ケトン体の役割・体内での働きとは??

ハテナちゃん
”ケトン体”って何ですか??

「ケトン体」という言葉を聞いたことはありますか?

「なんとなく聞いたことはあるけれど…よくわからない。。」という方も多いのではないでしょうか。

今回は「ケトン体」についてまとめていきましょう。



ケトン体の魅力

「ケトン体」というのは、体内で活用される”エネルギー源”です。

ハテナちゃん
エネルギー源って”グルコース”じゃないんですか?

体内における一般的なエネルギー源は「ブドウ糖(グルコース)」です。

このブドウ糖が枯渇した際に”肝臓”において”脂肪”から作られるもの…それが「ケトン体」です。

そもそも体内には

  • ブドウ糖を使ってエネルギーを生み出す「ブドウ糖回路」
  • ケトン体を使ってエネルギーを生み出す「ケトン体回路」

という2つの回路がありますが、これらは同時並行で共働することはできません。

長時間の激しい運動や絶食によって、体内のブドウ糖濃度が下がることで初めて”ケトン体回路”が回り始めます。

Tomy
「ブドウ糖」のバトンを受けて「ケトン体」が走り出すんですね。

ではそんな「ケトン体」は、一体何が優れているのでしょうか?

 

ケトン体の凄さ①

人間の体は、細胞で構成されています。

細胞の中には

  • 「核」
  • 「ミトコンドリア」
  • 「リボソーム」

といった小器官が多数存在しています。

その中でも体を動かすエネルギーを生み出しているのが「ミトコンドリア」です。

(引用:Road to Pharmacist General☆彡より)

Tomy
オレンジ色の塊が「ミトコンドリア」ですね。

「ブドウ糖」と「ケトン体」はいずれも”エネルギー源”という同ジャンルに属しています。

しかし、”燃費のよさ”が圧倒的に異なります。

その燃費の違いは

  • ブドウ糖=まずは「細胞質」へ。
  • ケトン体=いきなり「ミトコンドリア」へ直行。

という性質の違いに基づいています。

Tomy
ミトコンドリアに”直行”できる…それがケトン体の魅力なんですね。

「ケトン体」は直接ミトコンドリアに取り入れられるため、ブドウ糖よりも少量で効率よくエネルギーを供給できるというわけです。

ハテナちゃん
ん〜、もうちょっと分りやすい例えが欲しいです…。

 

<エネルギーの渡し方>

ではイメージしやすいような例え話を1つ紹介しましょう。

今ここに、プールで泳いでいる少年がいるとします。

長時間の水泳で疲れ始めたこの少年に栄養補給をしてあげたい、と考えたとしましょう。

  • 「ブドウ糖回路」で栄養補給をするということは

プールの水そのものに栄養ドリンクを溶け込ませて、栄養を届ける作戦です。

  • 一方で「ケトン体回路」で栄養補給をするということは

ロープの先に栄養ドリンクをくくりつけて、直接届ける作戦です。

Tomy
どちらの方が効率よくエネルギーを送れるか、一目瞭然ですよね。

ブドウ糖回路ではプール全体に対して均一的に栄養補給を行うことができますが、少年に栄養を送り届けるには時間がかかります。

一方のケトン体回路では、効率良く最短で栄養補給を実施することができます。

ハテナちゃん
確かに。。ブドウ糖回路だとプールの水も汚れてしまいそうですね。

 

ケトン体の凄さ②

ケトン体がミトコンドリアに直接アプローチできる”スーパー燃料”であることをご理解いただけたでしょうか。

ただケトン体のすごいところは、それだけではありません。

ハテナちゃん
まだあるんですか!?

ケトン体は筋肉・神経・脳細胞…など、身体の”全ての器官”において活用することができます。

特に”脳”には「脳血液関門」と呼ばれる関所があり、ブドウ糖以外の栄養素はここでストップしてしまい送り届けることができません。

しかし、ケトン体はこの関所をすんなり通り抜けることができます。

(引用:三井製糖より)

Tomy
脳細胞のエネルギー源になれるのは「ブドウ糖」「ケトン体」だけなんですね。

「うつ症状」「認知症」の初期段階の多くは、脳神経内のエネルギー枯渇による”神経伝達物質不足”が原因になっているとも考えられています。

ケトン体回路で効率的にエネルギーを供給することは、脳にとっても非常に有効なのです。

 

なぜ、今になってケトン体なのか?

ではなぜ今になってケトン体が注目されているのでしょうか。

ケトン体は”脂肪”を燃料にして、すぐにエネルギーを生み出すことができる効率的な”スーパー燃料”です。

しかしながら、この強い”酸化力”ゆえに

『ケトン体回路が回りだすと、体内が「アシドーシス(酸性化)」してしまう』

と考えられ、敬遠されていた時代がありました。

ハテナちゃん
アシドーシスって何ですか?
Tomy
アシドーシスというのは、体が一時的に強く酸化すること(体内ph値:7.35以下)で

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 疲労感
  • 睡眠障害

などといった症状がでることです。

ケトン体によるアシドーシス(酸性化)を”ケトアシドーシス”などといい、これは「速やかにブドウ糖を補給せよ」”合図”であると認識されていました。

しかし、近年研究者の間でさまざま実験が行われ、

「ケトアシドーシス」は、重篤な糖尿病患者でない限り起こらないこと

であり、

一般的な食事における糖質制限で増加するケトン体の濃度は、1mM〜10mMの範囲内が最大レベル

であるため、

ケトン体システムに転換したからといって、一概にケトアシドーシスになるとは言えない

ことがわかってきました(*いずれも【体内年齢がよみがえる科学 ケトン体革命-究極のアンチエイジング理論- (YELL books)】:p42-43より引用)。

ハテナちゃん
へぇ〜!そうなんですね!

これによって

「一般的な食事制限レベルでは、ケトアシドーシスに陥るまで体が酸化することはないから、積極的に使っていこうよ!」

という考え方が出てきたわけです。

 

ケトン体を使うためには??

ハテナちゃん
ケトン体をうまく活用するためには、どうしたらいいんですか?

ケトン体を活用するためには、まず体内のブドウ糖濃度を下げる必要があります。

したがって”糖質制限”は必須であり、ご飯やパン・麺類・穀物類などはなるべく摂取しないようにします。

Tomy
食事量というより、糖質をしっかりとカットしていくことが大切です。
  • 糖質を控え気味にし、
  • 脂肪タンパク質を多めに摂る

このような食事方法で「ケトン体回路」を活用するダイエット方法を「ケトジェニックダイエット」とも呼んでいます。

ハテナちゃん
効率のいいダイエット方法だと、最近注目されていますよね!

より詳しい内容はぜひ専門家の本を読んでみてください。

 

まとめ

「ケトン体回路」が回り始めると、体内のエネルギーを効率的に使えるようになります。

併せて”糖質”を摂取する必要が少なくなるので、無駄な体脂肪の蓄積も抑えることができます。

体内にすでに存在している夢のような物質、それが「ケトン体」なのです。

Tomy
ただ、ケトン体の構造は非常に奥が深く、著者や先生によっても微妙に意見が異なるのが現状です。

基本的なところは押さえておきつつ、もう少し様子を見ておくのが賢明な判断かもしれません。

ちなみにケトン体全体を学ぶなら【体内年齢がよみがえる科学 ケトン体革命-究極のアンチエイジング理論- (YELL books)】がオススメです。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

ではでは今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<その他のオススメ本>


ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!