【ストレッチとプロテイン】ストレッチ後にプロテインは必要!?

ハテナちゃん
ストレッチをした後って、プロテインを飲んだほうがいいんですか?

ジムでの筋トレ後に、プロテインを飲んでいるという人は多いと思います。

ではストレッチ後にプロテインは必要なのでしょうか?

今日は「ストレッチとプロテインの関係性」について考えてみようと思います。



プロテインを飲むということ

そもそもプロテインというのは「たんぱく質」のことです。

人間の体の大部分はたんぱく質で構成されており、筋肉を大きくしたり肌ツヤを上げたりする際には必須の栄養素です。

摂取量の目安は、体重1kgあたり「0.8g」(筋トレをする場合は「1.2~2g」)とされています(詳しくこちら→【たんぱく質の量/タイミング】1日に必要なたんぱく質ってどのくらい?)。

体格や運動量にもよりますが、

  • お肉1パック(150g)→たんぱく質:30g
  • 卵1個=たんぱく質:6g
  • ヨーグルト1個=たんぱく質:4g
  • 納豆1パック=たんぱく質:8g
  • ご飯1杯(150g)=たんぱく質:4g

となっているので、1日にこれらを全て摂取すれば合計たんぱく質量は「52g」となります。

Tomy
運動習慣の少ない成人男性(体重65kg程度)であれば、十分な量ですね。

しかし、筋トレをして筋肉をつけたい場合であれば、1日あたりおよそ「80g~130g」のたんぱく質量が必要になります。

この不足分をプロテインで補う、というのが基本的な考え方です。

ハテナちゃん
足りない分を食事で補うのはダメなんですか?

1日あたりおよそ80g~130gのたんぱく質量を食事”のみ”で摂取しようとすると、必要分以上の糖質や脂質を取り込むことになってしまいます。

糖質や脂質の過剰摂取分は体内で「脂肪」となり、肥満の原因になります。

Tomy
狙った栄養素だけを十分に摂取するためのプロテインなんですね!

したがって「プロテインを飲む」ということは

  1. 筋肉に筋肥大を起こすだけの刺激を入れている。
  2. 食事でたんぱく質を十分に摂れていない(肉が苦手など)。

ことが前提条件になります。

 

ストレッチの運動強度

ではストレッチは「筋肉に筋肥大を起こすだけの刺激を入れている」ことに当てはまるでしょうか?

ハテナちゃん
当てはまらない気が…

そうですね、あてはまりません。

運動強度を示す指標の1つに「METs:メッツ」という単位があります。

1METは「酸素摂取量3.5ml/kg/min」であり、横になって何もしていない時に必要な酸素摂取量を表しています。

通常の歩行(時速4km)でおよそ3METs、サイクリング(時速16km)でおよそ6METsです。

ハテナちゃん
ストレッチはどのくらいですか?

一般的なスタティックストレッチの運動強度は「2.5METs」とされています(Ainsworth,et al.2000)。

つまり、日常の歩行よりも運動強度は低いわけです。

もちろん、筋肥大に必要な負荷もかかることはありません。

Tomy
ストレッチ単体の運動強度は、とても低いんですね。

ストレッチ実施後にプロテインを摂取してしまうと、必要以上に体内にたんぱく質を摂り込んでしまうことになります。

たんぱく質の過剰摂取は、体外に排泄されるか、脂肪として蓄積されるかのいずれかです。

したがって、ストレッチ後のプロテインは基本的に必要ありません。

 

まとめ

ストレッチの運動強度というのは、想像以上に低いとされています。

したがって、ストレッチ後にプロテインを飲む必要はありません。

ただ食事制限を行っていたり、ストレッチの種類が「動的なもの」であったりすると、多少のプロテイン摂取は有効かもしれません。

ぜひ食生活も意識して体のケアをしていきましょう。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員