【筋肉の弾性と可塑性】ストレッチにおいて「伸ばしすぎ」と「伸ばさなすぎ」がダメな理由とは?

ハテナちゃん
ストレッチを行う上で知っておくべき筋肉の性質ってありますか?

ストレッチを行う上では「弾性」「可塑性」という2つの性質を理解しておくことが大切です。

今日はこの2つの性質についてまとめていこうと思います。



弾性と可塑性

ストレッチの大きな目的は「体を柔らかくすること」です。

これを専門的に言うと「筋関節の弾性および可塑性の組織的適応」となります。

ハテナちゃん
えぇ。。難しいことはよくわかりません…

ではシンプルにまとめていきましょう。

「弾性:だんせい」というのは、伸ばされた後に元の長さにまで戻る性質のことをいいます。

Tomy
バネやゴムのイメージですね!

(引用:BIGLOBEウェブリブログより)

一方の「可塑性:かそせい」というのは、伸ばされた後にそのままの長さを保つ性質のことを表しています。

Tomy
低反発の枕やアルファゲルをイメージするといいですね!

(引用:アマゾンより)

筋肉には「弾性」しかありませんが、筋肉を取り巻く腱や靭帯には「弾性と可塑性」の両方の性質があります。

ストレッチをすると弾性と可塑性が両方作用し、ストレッチを終えると弾性的な変形は回復するものの、可塑的な変形は残り続けます

ハテナちゃん
筋肉はすぐに元に戻るけれど、腱や靭帯は伸びたままになるということですね。

それゆえに伸ばす時間があまりにも短いと、筋肉の弾性作用しか働きません。

これではストレッチ後に「伸びた感覚」「ゆるんだ感覚」を感じられません。

過去の研究(NcNairsら(2000))では、

  • 筋肉の弾性抵抗が、ストレッチ開始後15秒で低下
  • 腱の可塑的抵抗力が、ストレッチ開始後20秒で低下

したことが明らかになっています。

もちろん個人差はありますが、伸び感を感じるためには最低でも「15〜20秒」程度は伸ばし続けることが大切です。

 

伸ばしすぎもダメ

「弾性」「可塑性」が理解できると、ストレッチの幅が広がります。

例えば「伸ばす時間が極端に長いストレッチ」は体にどのような影響を与えるでしょうか。

ハテナちゃん
ん〜っと、伸ばす時間が長いということは。。?

長すぎるストレッチは弾性力を落とし、可塑的変化を大きくしてしまいます。

もっとわかりやすく言えば「伸びきったまま」になってしまうということです。

弾性力が落ちれば発揮する力は小さくなりますし、可塑的変化が大きければ関節周りはゆるんだままになってしまいます。

この状態で運動をすれば、うまく力が入らないのは必然です。

ハテナちゃん
あ、だから運動前に長時間のストレッチはダメなんですね!

体が持つ原理を理解しておけば、些細なネット情報にも振り回されなくなります。

ぜひ覚えておきましょう。

 

まとめ

ストレッチを行う上では「弾性」「可塑性」をきちんと理解しておくことが大切です。

筋肉には弾性しかなく、腱・靭帯は弾性と可塑性の両方を持っています。

伸ばす時間が短すぎるのも長すぎるのもストレッチ効果としては△です。

理想は「15~20秒」のキープですから、ぜひ普段のストレッチで取り入れてみてください。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員