【”伸ばしたまま”をキープする理由】どうしてストレッチ中は動きを止めてポーズをキープするの?

ハテナちゃん
どうしてストレッチ中って、伸ばしたままの状態をキープするんですか?

ストレッチでは

  1. 息を吐きながら、ゆっくり体を動かす
  2. 伸びを感じたところで、そのまま20秒程度キープする

というのが一般的な考え方になっています。

これに対して

  • なぜ20秒程度もキープする必要があるのか?
  • このキープをしているとき、体の中では何が起こっているのか?

といった素朴な疑問を感じたことはありませんか?

今日は「”伸ばしたまま”キープする理由」についてまとめてみようと思います。



”伸ばしたまま”をキープする最大の理由

”伸ばしたまま”をキープする最大の理由は、筋肉の緊張を抑制(あるいは低下)させることができるからです。

ハテナちゃん
緊張…?抑制…?どういうことですか?

緊張の抑制というのは、力が抜けてリラックス状態になるということです。

一定時間、伸ばしままをキープし続けると、筋肉は”力が抜けて柔らかく”なってきます。

この状態を獲得することがストレッチの目的ですから、ストレッチ中はしっかりと動きを止めることが大切です。

 

どうして力が抜けるの?

ハテナちゃん
どうして力が抜けるんですか?

この反応のカギを握っているのが「ゴルジ腱器官」と呼ばれるセンサーです。

このセンサーは筋肉の末端にある”腱”(あるいは筋腱移行部)に内臓されており、腱にかかる「張力の大きさ」を感知しています。

(引用::世田谷区三軒茶屋の整体 カイロプラクティック(腰痛 肩こり) – FC2より)

ゴルジ腱器官が”張力(引っ張られる力)”を感じ取ると、神経と脊髄を介して、筋肉に「もう少しゆるみなさい」という指令を送ります。

Tomy
引っ張られる力が大きいからこそ、もっとラクに伸びれるようにしようよ!ということですね。

この「ゆるみなさい」という指令が筋肉の脱力につながります。

 

ストレッチへの応用

このメカニズムを活用すると、ふだんのストレッチがより効果的になります。

脱力のカギを握っているのは、腱に存在するセンサーです。

したがって、腱の部分をしっかりと伸ばす(張力をかける)ことで、筋肉はよりゆるみやすくなります。

ハテナちゃん
腱を伸ばすためにはどうすればいいんですか?

筋肉と腱では、筋肉のほうが圧倒的に伸びやすい傾向にあります。

これはすなわち、ストレッチ動作の動き始めや中間域では、ほとんどの伸びを筋肉が占めてしまうことを意味しています。

腱を伸ばすためには「もうこれ以上伸ばせない…」という”動作の最終域”まで動かすことが大切です。

Tomy
痛みの出ない範囲でMaxまで伸ばすということですね。

ストレッチ効果を高めるためにも、ぜひ覚えておきましょう。

 

まとめ

”伸ばしたまま”をキープする目的は、筋肉を脱力させることです。

この反応を活用するためには、腱にかかる張力の大きさを高めていくことが大切です。

ストレッチの際は、痛みのない範囲で”最大限”まで伸ばすように心がけてみましょう。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報やちょっとした豆知識が知りたい方は、ぜひ「友だち追加」をお願いします。
詳細はこちらをクリック↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!