【伸張反射とは】ストレッチ中に起こしたくない「伸張反射」とはどんな反応?

ハテナちゃん
「伸張反射」ってなんですか?

ストレッチを行う上で、必ず知っておきたい体の反応が「伸張反射」です。

今日は「ストレッチ中に起こしたくない伸張反射」についてシンプルにまとめてみようと思います。



伸張で起こる反射

伸張反射とは名前の通り、”伸張”によって起こる”反射”作用です。

ハテナちゃん
伸張…?反射…?

伸張とは「伸ばされる」ことであり、反射とは「無意識で起こる反応」のことです。

例えば今、力を抜いた状態で立っているとしましょう。

この時、いきなり腕を強い力でグッと引っ張られたらどうなりますか?

ハテナちゃん
グッと引っ張られたら…ギュッと力が入っちゃいます。

筋肉は突然伸ばされると、力が入り収縮します。

これは筋肉を守るための働きであり、一種の防御反応です。

この反応のことを「伸張反射」と呼んでいます。

 

伸張反射はなぜ起こる?

ハテナちゃん
伸張反射は、どういったメカニズムで起こるんですか?

伸張反射のカギを握っているのは、筋肉内に入っている「筋紡錘:きんぼうすい」というセンサーです。

(引用:My sense – Jugemより)

このセンサーは、筋肉の「長さ変化」を感知しています。

また”速度に依存する”性質もあるため、同じ長さに伸ばされるのであればより速いスピードで伸ばされた時の方がよく働きます。

筋紡錘で生じた反応は、脳には届かず、脊髄を介して筋肉にフィードバックされます。

これによって筋肉内に収縮が起こります。

Tomy
”反射”作用なので、脳には届かないんですね。

 

伸張反射が起こりやすい時

伸張反射は全ての人に起こる反応ですが、その閾値(反応するレベル)は人によって異なります。

ハテナちゃん
どういう時に起こりやすくなるんですか?

一般的には「筋緊張の程度により伸張反射の閾値が異なる」と考えらえています(「ストレッチングの科学:P20)。

つまり、

  • 筋肉がかたい
  • 筋肉がこわばり、柔軟性が低い
  • 筋肉痛が起こっている

といった状態では伸張反射が起こりやすく、逆に筋肉がリラックスしている状態では起こりにくいとされています。

また、動作スピードが”秒速5°以下”になると、伸張反射は起こりにくくなると考えられています。

Tomy
ゆっくり動かすことが大切なんですね!

 

ストレッチへの応用

一般的なストレッチ(ジワ〜っと伸ばすスタティックストレッチ)では、いかに伸張反射を起こさないかが重要です。

ポイントになるのは

  • ”リラックス環境”の中で(部屋の温度は適切か、心理状態は安定しているか、筋肉痛は起こっていないか、心拍数・血圧は安定しているか等)
  • ”ゆっくり”とした動作(秒速5°以下)

をとることです。

ストレッチ効果を高めるためにも、ぜひ覚えておきましょう。

 

まとめ

伸張反射は、筋肉がグッと伸ばされた時にギュッと縮む反応です。

縮むということは”力が入る”ということですから、ストレッチ中にはなるべく起こしたくない反応になります。

ぜひリラックス環境下で、ゆっくりとした動作スピードを心がけてストレッチをしてみてください。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報やちょっとした豆知識が知りたい方は、ぜひ「友だち追加」をお願いします。
詳細はこちらをクリック↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!