【スパイラル】体全体を束ね込む「スパイラルライン」の位置と役割:Anatomy Train Spiral Line

このブログでも大人気のアナトミートレインシリーズ第4弾!

ハテナちゃん
今日はどのラインについてですか??
Tomy
今回は体に”巻きつくように存在する「スパイラルライン」について学んでいきましょう!

その前に「アナトミートレインってなに!?」という方はまずこちらからどうぞ→「アナトミートレインの基礎知識」まずは知っておきたい3つの原理。



筋肉のつながり

スパイラルラインは「SL:Spiral Line」と表記されます。

このラインは、体全体に”巻きつく形”で存在しています。

最大の特徴は「スタートとゴールがほぼ同地点である」ということです。

ハテナちゃん
同地点?筋肉のつながりはどうなっているんですか?

スパイラルラインのスタートは、耳の後ろの「乳様突起:にゅうようとっき」からです。

ここから「板状筋」が始まっています。

(引用:アトラスより)

「板状筋」の次は、背骨を乗り越え「菱形筋」へとつながります。

そしてそこから「前鋸筋」を下ります。

(引用:同上)

前の筋肉のゴール地点と次の筋肉のスタート地点が綺麗に重なり、美しい筋肉の連鎖が起こっていることがわかります。

「前鋸筋」の後は体の前面へと回り込み「腹斜筋」を経て、反対側の骨盤へ行き着きます。

(引用:同上)

下半身は、お尻の外側を通る「大腿筋膜張筋」〜「腸脛靭帯」から始まり、

「前脛骨筋」を経て「内くるぶし」へとつながります。

(引用:同上)

ここで終わりではありません。

「内くるぶし」へとつながったラインは足裏をぐるっと旋回し「腓骨筋」を上がっていきます。

(引用:同上)

「腓骨筋」のゴールは「ハムストリングス(大腿二頭筋)」のスタートであり、坐骨までつながります。

(引用:同上)

そして「仙結節靭帯」を経て「脊柱起立筋」へ入り、最初の位置(後頭部:乳様突起)へと戻っていきます。

(引用:同上)

これらの筋肉は基本的に「同じ深さ」でつながっているため、相互に影響を及ぼし合っています。

特に「肩甲骨」の位置が乱れている場合は、このラインへの注目が必要です。

「1つの筋肉のこわばりは、隣り合う筋肉を引っ張り続ける」ことをぜひ理解しておいてください。

 

特徴と役割

ハテナちゃん
スパイラルラインは、体においてどんな役割を果たしているんですか?

「スパイラル」の名の通り、このラインは「体の回旋力」をコントロールしています。

もしこのラインが存在していなかったら、野球やゴルフにおける「スイング動作」はうまく行えません。

Tomy
「腰が回っても上半身がついてこない…」これではスイング動作が取れないですよね。

unknownYouTubeより)

また、スパイラルラインは”2重らせん”の構造を取ることによってすべての平面における脊柱の長さとバランスの維持」も行っています。

つまり、投げる動作や走る動作を安定させ、効率的な関節の軌道を決定しているわけです。

ハテナちゃん
スポーツを行う上ではとても重要なラインなんですね。

 

ケアのポイント

スパイラルラインは体の前後左右を巻きつくように走っているため、他のラインに比べても「ライン長」が長くなっています。

また回旋動作に使われる筋肉群のため、ストレッチをかけにいこうとすると”逃げてしまって”目的の筋肉へのアプローチが難しい場合があります。

しかし、このラインは他のライン(浅層バックラインやラテラルライン、アームラインなど)との相互作用の影響が大きく、単独で働くことが少ないという特徴を持っています。

したがって、全面的なストレッチやマッサージを実施していけば、結果的にケアはできていることになります。

Tomy
あえて狙いに行かなくても、全身をケアすれば結果的に触れられているわけですね!

「体側や腹斜筋のストレッチには何をすればいいの?」という方はぜひ【イラストでわかるストレッチングマニュアル】をご一読されることをお勧めします。

 

まとめ

「スパイラルライン」の構造はいかがでしたか?

体の前後左右の全面にあるがゆえに、日常生活において非常に重要な役割を担っています。

丁寧な全身ケアでバランスを整えていきましょう。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【番外編:オススメ本の紹介】

Tomy
「アナトミートレインについてもっと知りたい!勉強してみたい!」

という思いが湧いてきた方のために、今日はオススメ本を3つ紹介していきたいと思います。

『オススメ①:初級編』

まず初めての方にオススメなのが「カラー図解ムービングボディ―動きとつながりの解剖学」です↓

こちらの本に載っているアナトミートレインに関する情報は、”広く・浅く”といったところです。

各ラインの基本的な特徴については、まんべんなく抑えてあります。

オールカラーでイラストも豊富なので、初めての方はこの一冊から始めてみるといいと思います。

Tomy
見やすくてわかりやすいので、全体のイメージをつかむ上ではオススメです。

ご注文はこちらから→【ムービングボディ 動きとつながりの解剖学

 

『オススメ②:中級編』

基礎知識がある方にオススメなのが「アナトミー・トレイン 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線」です↓

個人的な見解としては、アナトミートレインに関する情報はこの本が”一番”面白く、勉強になります。

「筋膜」の基本的な仕組みはもちろんのこと、各ラインについての細かく丁寧な解説が載せられています。

特に「筋肉同士のつながり」「運動における役割」などは

「そうそう!こういう情報が欲しかったんだよね!」

と納得できる内容になっています↓

Tomy
体の構造に興味がある方はぜひ読んでみてください。

自信をもってオススメします!

ご注文はこちらから→【アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線

 

『オススメ③:上級編』

最後に紹介するのは「人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチ」です↓

こちらは筋膜の専門書で、500ページを超える大書です(重すぎて持ち運びはできないレベルです)。

ハテナちゃん
500ページも!!

それだけに情報量はとてつもなく豊富です。

本の特徴としては「治療的アプローチ」の内容も含まれているので、エビデンス(科学的根拠)が明確になっていることです。

情報を発信する側の方より正確で最新の知識を身につけたい方にはオススメです↓

Tomy
最新の知見が盛りだくさんで、この本でしか得られない情報が多々あります。

筋膜、アナトミートレインに関する知識をより深めていきたい方はぜひチャレンジしてみてください。

ご注文はこちらから→【人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチ

これらの本はなかなか一般の書店では売っていません。

それだけにしっかりと勉強していけば、大きな付加価値につながってくると思います。

ぜひスキルアップにお役立てください。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員