【スパイラル】体全体を束ね込む「スパイラルライン」の位置と役割:Anatomy Train Spiral Line

このブログでも大人気のアナトミートレインシリーズ第4弾!

ハテナちゃん
今日はどのラインについてですか??
Tomy
今回は体に”巻きつくように存在する「スパイラルライン」について学んでいきましょう!

その前に「アナトミートレインってなに!?」という方はまずこちらからどうぞ→「アナトミートレインの基礎知識」まずは知っておきたい3つの原理。



スパイラルラインの位置関係

スパイラルラインは「SL:Spiral Line」と表記されます。

このラインは体全体に巻きつく形で存在しています。

最大の特徴は「スタートとゴールがほぼ同地点である」ということです。

ハテナちゃん
同地点?どういうことですか??
Tomy
今まで紹介してきたラインはこのように↓

矢印の方向が上から下に向かって一方向に流れていましたね?

ハテナちゃん
はい、そうでした!
Tomy
しかし「スパイラルライン」はこのように↓

首(後頭部)から始まったラインは体を巻きつくように下り、足裏をクルッと回って、また首(後頭部)へと戻ってきます。

体を通る位置としては

  • 後頭骨稜・乳様突起
  • 下部頚椎・上部胸椎
  • 肩甲骨の内側縁
  • 肋骨(外側)
  • 上前腸骨棘(ASIS)
  • 脛骨の外側
  • 第一中足骨

が上から下へのラインで、

  • 第一中足骨
  • 腓骨頭
  • 坐骨結節
  • 仙骨
  • 後頭骨稜

が下から上へのラインとなります。

ハテナちゃん
へぇ〜、本当に巻きつくように存在しているんですね!筋肉で言うとどのあたりを通りますか?
Tomy
筋肉名で言うと「上→下」

  1. 板状筋
  2. 菱形筋
  3. 前鋸筋
  4. 外腹斜筋
  5. 内腹斜筋
  6. 大腿筋膜張筋・張脛靭帯
  7. 前脛骨筋

となっていて「下→上」

  1. 長腓骨筋
  2. 大腿二頭筋
  3. 仙結節靭帯
  4. 脊柱起立筋

となっています。

これらの筋肉は同じ深さでつながっているため、相互に影響を及ぼしあっています。

特に「肩甲骨」の位置が乱れている場合は、このラインへの注目が必要です。

「1つの筋肉のこわばりは、隣り合う筋肉を引っ張り続ける」ことをぜひ理解しておいてください。

 

スパイラルラインの特徴と役割

ハテナちゃん
スパイラルラインは、体においてどんな役割を果たしているんですか?

「スパイラル」の名の通り、このラインは「体の回旋力」をコントロールしています。

もしこのラインが存在していなかったら、野球やゴルフにおける「スイング動作」はうまく行えません。

Tomy
「腰が回っても上半身がついてこない…」これではスイング動作を取れないですよね。

unknownYouTubeより)

 

また、スパイラルラインは”2重らせん”の構造を取ることによって

”すべての平面における脊柱の長さとバランスの維持”も行っています。

つまり、投げる動作や走る動作を安定させ、効率的な関節の軌道を決定しているのです。

ハテナちゃん
スポーツを行う上ではとても重要なんですね。
Tomy
まさにその通りです!

 

スパイラルラインのケアのポイント

スパイラルラインは体の前後左右を巻きつくように走っているため、他のラインに比べてもライン長が長くなっています。

また回旋動作に使われる筋肉群のため、ストレッチをかけにいこうとすると「逃げて」しまって目的の筋肉へのアプローチが難しい場合があります。

ハテナちゃん
ラインが長くて、ストレッチをかけるのが難しいです。。

しかし、スパイラルラインは他のライン(浅層バックラインやラテラルライン、アームラインなど)との相互作用の影響が大きく単独で働くことが少ないという特徴を併せ持っています。

したがって、全面的なストレッチやマッサージを実施していけば、結果的にケアはできているはずです。

Tomy
あえて狙いに行かなくても、結果的にケアはできているので大丈夫ですよ。

「体側や腹斜筋のストレッチには何をすればいいの?」という方はぜひ【イラストでわかるストレッチングマニュアル】をご一読されることをお勧めします。

 

まとめ

「スパイラルライン」の構造はいかがでしたか?

体の前後左右の全面にあるがゆえに、日常生活において非常に重要な役割を担っています。

丁寧な全身ケアでバランスを整えていきましょう。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】