【ハイパーモビリティーとストレッチ】関節がゆるい人へのストレッチとは?

ハテナちゃん
ハイパーモビリティーって何ですか?

ハイパー(Hyper)は「超える」、モビリティー(Mobility)は「可動域」。

「ハイパーモビリティー」というのは、関節の異常な可動域のことを指す言葉です。

肘が180度(まっすぐ)よりもさらに伸びてしまう状態がこれに当てはまります。

Tomy
今日は「ハイパーモビリティーの方へのストレッチ方法」についてまとめていこうと思います。



ハイパーモビリティーはなぜ起こる

ハイパーモビリティーとは、関節の異常な可動域のことです。

(引用:らばQ

この多くは関節周囲の支持力不足によって起こります。

そもそも関節の可動域というのは「筋肉の柔らかさ」だけで決定されるものではありません。

手首の場合だと

  • 47%=関節包と靭帯
  • 41%=周辺筋と筋間の筋膜
  • 10%=腱
  • 2%=皮膚

という割合で可動域が決定されています。

ハテナちゃん
関節包靭帯がほぼ半分の割合を占めているんですね!

一般的なハイパーモビリティーの原因は「靭帯のゆるさ」にあると考えられています。

この靭帯のゆるさは、線維を構成するコラーゲンタイプの変性から生まれる先天的なものである可能性が高いです。

特に全身の関節にゆるさが見られる状態を「ハイパーモビリティー症候群」といい、人口の5~7%弱がこれにあたるといわれています。

Tomy
「ハイパーモビリティー症候群」とは

  • 小指の中手指節関節の伸展が90度を超える
  • 親指が前腕につく
  • 肘の可動性が10度以上大きい
  • 膝の伸展が10度以上大きい

などを総合的に判断したものです。

また後天的要因としては、

  • 女性ホルモンである「リラキシン」の分泌(妊娠出産時のために結合組織をゆるませるホルモン)
  • 幼少時代からの負荷の強いオーバーストレッチの継続(バレエ、新体操の選手など)

などがあります。

 

関節のゆるさと筋肉の柔らかさは違う

ハイパーモビリティーの人は一見すると体が柔らかく見えるため、疲労を感じにくいのではないかと誤解されてしまうことがあります。

しかし「関節がゆるい」ということは、それだけ「不安定性がある」ということです。

その不安定性(ぐらつき)を補うためには「筋肉の働き」が必要です。

ハイパーモビリティーの状態は必要以上に筋肉の支持機能を使うため、運動効率も悪く、筋疲労も溜まりやすい傾向にあります。

ハテナちゃん
体が柔らかく見えることと、筋肉の疲労度は「イコール」ではないんですね。

ハイパーモビリティーの人こそ、筋肉のケアをきちんと行うことが大切です。

 

どんなケアが最適か

ハイパーモビリティー状態にある関節は、動作の終末域で大きなストレスを受けがちです。

関節軟骨や関節周りの結合組織が引き延ばされることで、痛み損傷を引き起こすケースもあります。

したがって通常の静的ストレッチは

  • 伸び感を得られない
  • 関節に大きな負担がかかる

という理由からNGです。

ハテナちゃん
じゃあどんなストレッチをすればいいんですか?

そもそもストレッチには大きく分けて2種類の方法があります。

それが

  1. 「マクロ(全体)ストレッチ」
  2. 「ミクロ(局所)ストレッチ」

です。

「マクロストレッチ」というのは、伸ばしたい筋肉の起始と停止を遠ざけ、筋肉全体を伸ばす通常のストレッチです。

一方の「ミクロストレッチ」というのは、圧迫などを用いて局所的に筋肉を伸ばすストレッチです。

マッサージや指圧、フォームローラーを活用したコンプレッションケアがこれにあたります。

ハテナちゃん
こんなイメージですね。

ハイパーモビリティーの方へのケアは基本的に「ミクロストレッチ」がメインになります。

疲れている部位を狙って丁寧にほぐしていくことが大切です。

Tomy
合わせて関節の安定性を高めるためにエクササイズ(筋トレ)を取り入れていくことも必要ですね。

 

まとめ

ハイパーモビリティーの原因の多くは「筋肉の柔らかさ」ではなく「靭帯のゆるさ」にあります。

これは先天的なものやホルモンの影響を受けた結果であるため、自分でコントロールすることは難しいです。

ケアをする際には全体を伸ばす「マクロストレッチ」ではなく、局所的にアプローチをする「ミクロストレッチ」がオススメです。

ぜひ適切なケアを実践していきましょう。

ではでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は 「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】