【血管とストレッチ】ストレッチによって起こる血管の変化とは!?

ハテナちゃん
ストレッチ中の血行促進はどんなメカニズムになっているんですか?

「ストレッチ=血行促進」

これはストレッチ未経験の人であっても、なんとなくイメージできるかと思います。

今日はこのメカニズムについてまとめていきましょう。



リバウンド現象

ストレッチをしている最中に筋肉内で起こっていること、それは一時的な”虚血”です。

これはすなわち「血流量の減少」です。

以下の2つの要因に基づいています。

  • 長軸方向に伸ばされることで、血管の直径が小さくなること。
  • せん断力によって血管が圧迫されること。
Tomy
せん断力というのは、物体にズレが生じる力のことです。

それによって垂直方向に圧迫が加わります。

(引用:Weblio辞書より)

特に筋肉の中央内部(筋腹周辺)は、外部・周辺部よりもはるかに血流が低下するとされています。

ネコの腓腹筋を用いた実験では、筋肉を10〜20%ストレッチすると血流量は平均5.0ml/分から3.0ml/分にまで低下したことが報告されています(Shustova,Matchanov et al.1985)。

そして、ストレッチ1分後には毛細血管において平均0.3±0.06mm/秒の血流速度のアップが確認されています。

一度血流が阻害されて、そこから加速していくこの現象を「リバウンド現象」とも呼んでいます。

 

リバウンド現象はどこで起こっているのか

ではこのリバウンド現象についてもう少し詳しく見ていきましょう。

そもそも、体内の血管には大きく分けて

  • 動脈
  • 静脈
  • 毛細血管

の3種類があります。

<動脈>

大部分の動脈は「筋性」であり、血管の収縮と拡張によって血流は調整されています。

また、心臓のポンプ機能によっても血液が押し流されていくので、静脈よりも血管壁は厚く、血流速度も速い傾向があります。

ハテナちゃん
これが動脈!分厚いですね。

 (引用:Yahoo!知恵袋 – Yahoo! JAPANより)

<静脈>

一方で、体内の細胞から心臓に向かって流れているのが静脈です。

血管における筋肉力や弾性線維の割合が少なく、動脈よりも「流す力」が弱い傾向にあります

そのため、血管内に「弁」を持ち、逆流を防いでいるという特徴があります。

ハテナちゃん
これが静脈!動脈よりも薄くて、中央に弁があるのが特徴ですね。

(引用:Yahoo!知恵袋 – Yahoo! JAPANより)

<毛細血管>

血管は動脈と静脈だけではありません。

動脈→細胞、細胞→静脈の間をつないでいるのが毛細血管です。

この部分の壁は非常に薄く、内皮細胞の1層のみとなっています。

そのため、物質の通り抜けができることが大きな特徴です。

ハテナちゃん
まさに動脈と静脈の間が毛細血管なんですね。

(引用:matome.naver.jpより)

<ストレッチによる血管の変化>

ではこれらの血管はストレッチによってどのような変化が起きるのでしょうか。

前述したようにストレッチをすると一時的な虚血状態が起き、そこから「リバウンド現象」によって血流促進が起こるとされています。

”動脈”は「心臓のポンプ機能」&「筋性の血管壁」によって流す力に秀でていますが、その一方で”静脈”は筋肉に刺激を入れないと流す力が弱くなってしまう傾向があります。

ストレッチはまさに、この静脈の流す力を助けることができます。

ストレッチをすると特に「静脈の血行促進」が顕著に起こり、全身の老廃物の回収スピードが上がります。

これによって疲労の抜けが早まると考えられています。

ハテナちゃん
なるほど!だからストレッチをすると、疲れが取れるんですね。

また毛細血管の血行促進も確認されています。

ただ毛細血管は概して曲がりくねった配列をしており、ストレッチは単にその血管をまっすぐにするだけで、長さそのものを変化させることはないという説が一般的です(Ellis et al.1990)。

ストレッチの狙いは「静脈」

だからこそ、

  • 疲労しているところ
  • こわばっているところ
  • むくんでいるところ
  • 冷えているところ

を集中的に伸ばしていくことが大切なのです。

 

まとめ

ストレッチにおける血行促進の基本は「リバウンド現象」です。

そしてこれは「静脈」および「毛細血管」において特に顕著に現れます。

メカニズムを知っておくことで、普段のストレッチの効果もより高まってきます。

ぜひ他のページもご参照ください。

ではでは今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員