【ストレッチのタイミング】ストレッチは1日の中でいつするのが効果的!?

ハテナちゃん
ストレッチっていつやるのが一番効果的なんですか?

ストレッチは1日の中でいつ行なうのがベストなのでしょうか?

今日は「ストレッチのタイミング」について考えてみようと思います。



キーワードは「深部体温」

一言で「ストレッチ」と言っても、ストレッチには様々な種類と目的があります。

ここでは最も一般的な「疲労回復のためのスタティック(静的)ストレッチ」を考えていこうと思います。

Tomy
15~20秒程度、ゆっくりじわ〜っと伸ばしていくストレッチのことですね!

ストレッチを行う理想的なタイミングは「深部体温」が最大限まで高められているタイミングです。

ハテナちゃん
深部体温…?

深部体温というのは、筋肉や内臓などの内部温度のことです。

外部の環境温度(暑さ・寒さ)の影響を受けにくく「核心温度」などとも呼ばれています。

この深部体温が上がるのは、

  • 有酸素運動(散歩、ランニング)の後
  • 筋トレの後
  • 歩いて帰宅後すぐ
  • お風呂上がり

などのタイミングです。

一般的に「お風呂上がりにストレッチをするといい」と考えられているのは、そのタイミングが1日の中で最も深部体温が上がっているからです。

また、人間の体には「日内変動」「概日リズム」と呼ばれる体温の波があります。

(引用:睡眠障害のことが分かるサイトより)

この体温の波も夕方以降に高くなる傾向があります。

これによって

  • お風呂上がり
  • 夕方〜夜の時間帯

というのが多くの人にとってのストレッチのベストタイミングになっているわけです。

ただ基準はあくまで「深部体温の上昇」です。

早朝に強度の高い運動をする人にとっては、その後がストレッチのベストタイミングになりえることも考えられます。

ぜひご自身の生活習慣と照らし合わせて、体温が最も高くなるタイミングでストレッチをするようにしてみてください。

ハテナちゃん
汗をかいているタイミングってことですか?

汗をかくというのは、体温が上がっている証拠です。

理想としては、汗は汗でもポタポタと流れ落ちる汗ではなく、じわ〜っとにじみ出てくる汗をかいているタイミングがベストです。

流れ落ちる汗は、熱の放散と気化熱によって一気に体温を下げてしまうことがあるので注意が必要です。

Tomy
汗が多いときは、クールダウンと着替えを先に済ませるといいですね!

 

運動前のストレッチ

運動前に行うストレッチも、同様の考え方で行います。

ストレッチは筋肉だけでなく、関節やその他の結合組織(筋膜や関節包)も一緒に伸ばしていきます。

これらの組織は「温度に依存」しているため、温度が低い時に硬く、高い時に柔らかい性質があります。

ハテナちゃん
ステーキで考えてみればイメージできますね!

体が冷えている朝にいきなりストレッチを行ってしまうと、その刺激によって筋関節を痛めてしまうことがあります。

狭義の意味で考えれば、ウォーミングアップとストレッチは異なります。

ウォーミングアップとは「体温を上げる運動」のことです。

まずは散歩やジョギング、軽い動的ストレッチをしてゆっくり体温を上げましょう。

そして、じんわり汗をかいてきたタイミングでストレッチを行うのが理想です。

Tomy
ストレッチ=ウォーミングアップではなく、ウォーミングアップ→ストレッチというのが本来あるべき姿なんですね!

 

まとめ

ストレッチを行うベストタイミングは、1日の中で最も深部体温が上がっているタイミングです。

多くの人にとっては

  • お風呂上がり
  • 夕方〜夜の時間帯

というのがストレッチタイムの基準になるかと思います。

ぜひ普段のストレッチの参考にしてみてください。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!