【羽状筋と紡錘状筋の違い】筋肉は部位によってどんな特徴があるの?

ハテナちゃん
筋肉って部位によって何か違いがあるんですか?

人間にはおよそ”600個”もの筋肉が存在していると考えられています。

この筋肉には、それぞれどういった特徴があるのでしょうか?

今日は「部位による筋肉の特徴」についてまとめていこうと思います。



筋肉の走行

筋肉は自らが縮む(収縮する)ことによって、関節を動かしています。

それゆえに部位や機能によって、少しずつ構造が異なります。

ハテナちゃん
どんな違いがあるんですか…?

一般的な「筋肉」のイメージは、以下のようなものではないでしょうか?

(引用:筋肉を合成している遅筋繊維と速筋繊維より)

こういった筋肉は「紡錘状筋:ぼうすいじょうきん」とも呼ばれ、筋肉の長軸方向と筋線維の方向が一致している筋肉です。

”力こぶ”をつくる「上腕二頭筋」などがその代表例です。

(引用:ヒューマン・アナトミー・アトラスより)

一方で、体の中には筋肉の長軸方向と筋線維の方向が一致していない筋肉も存在しています。

例えば「大腿直筋」などがこれに該当します。

(引用:同上)

こういった筋肉を「羽状筋:うじょうきん」といいます。

Tomy
鳥の羽のような構造だから”羽状”なんですね!

ではこの2つの筋肉の構造について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

紡錘状筋とは?

上述したように「紡錘状筋」とは、筋肉の長軸方向と筋線維の走行が”一致している”筋肉です。

(引用:同上)

この構造には「1本1本の筋線維が長く、伸び縮みが大きい」という特徴があります。

骨に沿う形で配置されている筋肉も多く、収縮することによって大きな関節運動が生じます。

ハテナちゃん
力こぶのようにボコっと盛り上がる筋肉ですね!

しかし、1本1本の筋線維が長いがゆえに、一定の容積の中に配置されている筋線維の”数”が少ない…というデメリットもあります。

したがって、大きな力を発揮することは苦手な筋肉です。

Tomy
「力を犠牲にしてでも大きな可動域を確保したい」という関節に配置されているのが特徴ですね!

 

羽状筋とは

羽状筋とは、筋肉の長軸方向と筋線維の走行が”一致していない”筋肉です。

(引用:同上)

筋肉の走行と筋線維がなす角度を「羽状角」といいます。

羽状角が大きくなればなるほど、狭い範囲にたくさんの筋線維が詰め込まれていることになります。

これにより、大きな”収縮力”が生じます。

ハテナちゃん
一定の容積の中にぎっしり詰まっているということは、それだけ縮む力が強いということですね!

しかしながら、筋肉全体の伸び縮みする幅は小さく、可動域が狭い…というデメリットもあります。

したがって「可動域を犠牲にしてでも大きな力を確保したい」という関節に配置されているのが、羽状筋の特徴です。

Tomy
”力”をとるか、”可動域”をとるか…対極の目的を有しているわけですね!

 

まとめ

一言で「筋肉」と言っても、そこには様々な役割があります。

  • 関節を動かすために可動域を優先する筋肉
  • 可動域は小さくてもいいので、とにかく固定力を優先する筋肉

など1つ1つの構造を見ていくと、そこには”美しさ”すら感じられます。

より詳細を知りたい方は、ぜひ専門書でも勉強してみてください。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報等のお知らせはこちらから↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!