【ストレッチ中の寝落ち】ストレッチをしたまま眠りにつくのは大丈夫!?

ハテナちゃん
ストレッチ中にそのまま寝てしまうのは良いことですか?悪いことですか?

お風呂上りのセルフストレッチ中や、お店でストレッチをかけてもらっている時、ついウトウトしてしまった経験はありませんか?

今日は「眠りとストレッチの関係性」についてまとめていこうと思います。



リラックスするのはいいこと

まず前提として覚えておくべきことは「睡眠は最も副交感神経が優位になっている状態である」ということです。

これはすなわち、最もリラックスしている瞬間であることを意味しています。

副交感神経が優位(体がリラックス状態)になれば、

  • 筋肉の無駄な力みがとれる
  • 心拍数・血圧が低下し、体の負担が少なくなる

ことで、ストレッチ効果は向上することが期待されます。

ハテナちゃん
なるほど!リラックスするのはいいことですね!

しかしながら、ストレッチ中に寝てしまう(あるいは寝ている状態でストレッチを行う)ことは、あまりオススメ”できません”

 

眠ってしまうことの弊害

私たちの体は、睡眠状態に入ると”痛みの感受性”が低下します。

痛みを感じにくい=体を守れない、ということです。

これによって意図せずとも筋腱を伸ばしすぎてしまい、体を痛めてしまうことがあります。

Tomy
気が付いたら体が痛い…という状態になりかねないわけです。

特にストレッチ動作を行ったまま”寝落ち”してしまうと、筋肉が伸ばされたまま固定されるので、

  • 血流の低下により、筋肉が硬くこわばる
  • 神経の圧迫により、痺れ(鈍痛)がでる
  • 可塑性*により、結合組織(筋膜/腱/靭帯/関節包など)の形状が乱れる
  • 筋性防御反応により、筋肉が逆に収縮し始める

といった悪影響が考えられます。

可塑性(かそせい):一定以上の力を加えると物体が変形し、その力を取り除いた後も変形したままで元に戻らない性質のこと。

イメージとしては”首の寝違え”です。

長時間伸ばされたまま固定されると、ストレッチによって逆に筋腱がこわばってしまいます。

ストレッチが終わってから、眠りにつくようにしましょう。

Tomy
マッサージ中ならまだしも、ストレッチ中の寝落ちは危ないです。

 

まとめ

ストレッチによって眠くなることは、悪いことではありません。

しかし、ストレッチをしたまま眠ってしまう(あるいは眠った状態でストレッチを行う)のは、体を痛めてしまう危険性があるので注意が必要です。

身近な問題なので、ぜひ覚えておきましょう。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報やちょっとした豆知識が知りたい方は、ぜひ「友だち追加」をお願いします。
詳細はこちらをクリック↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!