【バリスティックストレッチとは?】反動をつけ、筋機能を引き上げるバリスティックストレッチの原理とポイントとは?

ハテナちゃん
バリスティックストレッチって何ですか?

一言で”ストレッチ”といっても、ストレッチには様々なやり方・原理が存在しています。

今日は「バリスティックストレッチのポイント」についてまとめてみようと思います。



バリスティックストレッチとは?

バリスティックストレッチというのは、いわゆる「動的ストレッチ」の1つです。

脱力した状態で”反動”をつけ、筋肉を強く伸ばしていきます。

(引用:YAMA HACK登山より)

バリスティックストレッチは、筋肉の柔軟性を高めることが目的ではなく、筋機能を引き上げること(反応性を高めること)を目的としています。

ゆっくり息を吐きながら伸ばしていき、伸び感を感じたところでキープする…という一般的なスタティックストレッチとは、”正反対の考え方”であることを覚えておきましょう。

(*スタティックストレッチの詳細はこちら:【スタティックストレッチとは?】ストレッチの王道”スタティックストレッチ”の原理とポイントとは?

ハテナちゃん
体を柔らかくすることが目的のストレッチではないんですね!

 

バリスティックストレッチの原理

ハテナちゃん
バリスティックストレッチって、どういう原理なんですか?

このストレッチでは脱力した状態で反動をつけ、筋肉を強く伸ばしていきます。

筋肉が強く伸ばされると、筋肉内に入っている「筋紡錘:きんぼうすい」というセンサーが働きます。

(引用:My sense – Jugemより)

このセンサーは筋肉の”長さ変化”を感知しており、強く伸ばされると筋肉を逆に”収縮”させます。

この収縮のことを「伸張反射:しんちょうはんしゃ」といいます(詳細はこちら:【伸張反射とは】ストレッチ中に起こしたくない「伸張反射」とはどんな反応?)。

Tomy
グッと伸ばされた時に「危ない、縮めっ!」と力を込める反応ですね!

伸張反射が起こると、筋肉は反応性が高まって“筋出力”が上がります。

この原理を活用しているのがバリスティックストレッチです。

 

バリスティックストレッチのポイント

バリスティックストレッチでは筋肉の反応性を高めること、すなわち”力が入りやすくすること”を目的としています。

したがって用いるべきタイミングは、

  1. 運動をする前
  2. 大きな力を発揮する前
  3. 筋緊張が低下してしまっている時

です。

ハテナちゃん
スポーツをする”前”などには有効なんですね!

リラックスすること(筋肉を緩めること)を目的とするストレッチではないので、

  • 身体が硬い人
  • 筋肉痛がある状態
  • 入浴後などのリラックスしたタイミング

での実施は不適切だと考えられています。

ぜひ目的を明確にして取り組むようにしていきましょう。

 

まとめ

バリスティックストレッチのポイントは

  • 脱力すること
  • 反動をつけること
  • 筋肉を大きく引き伸ばすこと

の3点です。

不適切に用いると却って怪我につながってしまう場合もあるので、実施の際は注意しておきましょう。

詳細はこういった本もぜひご参照ください↓

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

更新情報やちょっとした豆知識が知りたい方は、ぜひ「友だち追加」をお願いします。
詳細はこちらをクリック↓
友だち追加

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。 現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。 将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。 ”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。 マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。 ◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒 ◯日本ストレッチング協会会員:認定ストレッチインストラクター<JSA-CSI> ◯NSCA-JAPAN正会員<NSCA-CPT> ***筋肉勉強サイト「筋肉のハナシ」も絶賛運営!詳細はこちら→「http://kinniku-no-hanashi.com」!