【主要ラインPart①】必見!アナトミートレインの基本4ライン(Basics of Anatomy Train 4 lines)

「アナトミートレイン」という言葉を聞いたことはありますか?

ハテナちゃん
アナトミー…?トレイン…?

アナトミートレインとは「筋筋膜経線」のことです。

これは筋膜のラインを示し「筋肉のつながり」を表しています。

Tomy
理学療法などの治療分野ではよく使われますが、一般ではあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんね。

アナトミートレインには全身を取り巻く主要7ラインが存在しています。

今回はその中でも基本となる「4ライン」についてまとめていきたいと思います。



浅層フロントライン

まず1つ目は「浅層フロントライン」です。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

このラインは体の「前面」を真っ直ぐに下ります。

立っている時には1本のラインとして機能していますが、椅子に座ったり体を屈めたりした時には骨盤を境にして

  • 「頭〜骨盤」
  • 「骨盤〜つま先」

2本のラインに分断されます。

基本的に「速筋線維」で構成されている筋肉が多いので、反応は素早く、筋肥大も起こりやすいです。

Tomy
大きな音や衝撃で”ハッ”と身を縮める反応はこのラインの収縮によってもたらされています。

筋肉の走行イメージはこちら。

*より詳しく:浅層フロントライン(SFL)の位置と役割

 

浅層バックライン

2つ目は「浅層バックライン」です。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

①の浅層フロントラインとは”対”の位置関係にあり、体の「後面」を通ります。

主な役割は、姿勢を正して直立二足歩行を可能にすることです。

ハテナちゃん
背中全体が1本でつながっているなんてびっくりです!
Tomy
そうですね。人が2本の足でまっすぐ立てるのは、このラインがしっかり働いているからなんですよ。

 

多くの方が感じる「首こり」や「腰の辛さ」は、たいていこのライン上の筋肉に起こっています。

前回のブログ】でも紹介しましたが、アナトミートレインというのは「筋膜のつながり」です。

電車で例えると

  • 筋肉=駅
  • 筋膜=沿線

です。

1つの駅で事故が起きればその沿線上の駅に支障が出るように、1つの筋肉が硬くこわばるとそのライン上の筋肉も硬くなりがちです。

首や腰の筋肉は、ふくらはぎや足裏の張りの影響を十分に受けてしまう位置に存在しているのです。

ハテナちゃん
へぇ〜!そうなんですね!
Tomy
体の構造は奥深いですね!

筋肉の走行イメージはこちら↓

*より詳しく:浅層バックライン(SBL)の位置と役割

 

ラテラルライン

3つ目は「ラテラルライン」です。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

ラテラルラインは体の「両サイド」を通ります。

主な役割は「左右の動き(ふらつき)を抑制」することで、人間特有の屈曲と伸展(上体の折り曲げ)を行える環境を作ることです。

ハテナちゃん
1日中立ちっぱなしだった日にお尻の外側が凝るのは…??
Tomy
そう、少なからずこのラインの影響を受けていることが考えられます。

体の側面はケアする上で見逃されやすいポイントなので、注意が必要です。

Tomy
筋肉の走行イメージはこちら↓

*より詳しく:ラテラルライン(LL)の位置と役割

 

スパイラルライン

4つ目は「スパイラルライン」です。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

スパイラルラインは、前後から体に「巻きつく」ラインです。

このラインは3走行による二重らせん構造により、すべての平面における「背骨の長さとバランスの維持」を調整しています。

ハテナちゃん
体のバランスが崩れないのは、このスパイラルラインが頑張ってくれているからなんですね。
Tomy
そうですね!筋肉の走行イメージはこちら↓

より詳しく:スパイラルライン(SL)の位置と役割

 

まとめ

以上4ラインがアナトミートレインの基本ラインです。

ラインの関係性を理解できると普段行っているストレッチの効果も大きく異なってきます。

ぜひスキルアップのために知識を深めてみてください。

*残りの3ラインについてはコチラ→<【主要ラインPart②】プロなら知っておきたいアナトミートレインの3ライン



【番外編:オススメ本の紹介】

Tomy
「アナトミートレインについてもっと知りたい!勉強してみたい!」

という思いが湧いてきた方のために、今日はオススメ本を3つ紹介していきたいと思います。

『オススメ①:初級編』

まず初めての方にオススメなのが「カラー図解ムービングボディ―動きとつながりの解剖学」です↓

アナトミートレインに関する情報は”広く・浅く”といったところです。

各ラインの基本的な特徴については、まんべんなく抑えてあります。

オールカラーでイラストも豊富なので、初めての方はこの一冊から始めてみるといいと思います。

Tomy
見やすくて、わかりやすい!

全体のイメージをつかむためにはオススメです。

ムービングボディ 動きとつながりの解剖学

 

『オススメ②:中級編』

基礎知識がある方にオススメなのが「アナトミー・トレイン 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線」です↓

アナトミートレインについてはこの本が”一番”面白く、勉強になります。

「筋膜」の基本的な仕組みはもちろんのこと、各ラインについて細かく丁寧に解説が施されています。

特に「筋肉同士のつながり」や「運動における役割」などは

「そうそう!こういう情報が欲しかったんだよね!」

と納得できる内容になっています↓

Tomy
そうそう、こういうことが知りたかったの!ってなると思います。

体の構造に興味がある方はぜひ読んでみてください。

自信をもってオススメします。

アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線

 

『オススメ③:上級編』

最後に紹介するのは「人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチ」です↓

これは筋膜の専門書で、500ページを超える大書です(重すぎて持ち運びはできないレベルです)。

ハテナちゃん
500ページも!!

それだけに情報量はとてつもなく豊富です。

本の特徴としては「治療的アプローチ」の内容も含まれているので、エビデンス(科学的根拠)が明確になっていることです。

情報を発信する側の方より正確で最新の知識を身につけたい方にはオススメです↓

Tomy
最新の知見が盛りだくさんで、この本でしか得られない情報が多々あります。

筋膜、アナトミートレインに関する知識をより深めていきたい方はぜひチャレンジしてみてください。

人体の張力ネットワーク 膜・筋膜―最新知見と治療アプローチ

これらの本はなかなか一般の書店では売っていません。

それだけにしっかりと勉強していけば、大きな付加価値につながってくると思います。

ぜひスキルアップにお役立てください。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

◯順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒
◯日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター<CSI>
◯NSCA-JAPAN正会員