【深層フロント】縁の下の力持ち「深層フロントライン」の位置と役割:Anatomy train Deep Front Line

このブログでも大人気のアナトミートレインシリーズ第7弾!

ハテナちゃん
今日はどのラインについてですか??
Tomy
今回は今まで紹介した全てのラインの”内側”に存在している「深層フロントライン」について学んでいきましょう!

その前に「アナトミートレインってなに!?」という方はまずこちらからどうぞ→「アナトミートレインの基礎知識」まずは知っておきたい3つの原理。



深層フロントラインの位置

「深層フロントライン」体の内部に存在しているラインです。

(引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線より)

ハテナちゃん
へぇ〜、体の中を通っているんですね。
Tomy
そうなんです。

  • 前側を「浅層フロントライン」
  • 後ろ側を「浅層バックライン」
  • 両側を「ラテラルライン」

によって挟まれ、3D面では「スパイラルライン」と「ファンクショナルライン」によっても取り囲まれています。

ハテナちゃん
具体的にはどのあたりの筋肉なんですか??
Tomy
「深層フロントライン」は補助的で小さな筋肉を多く含んでいます。”主要な”筋肉としては

  • 舌骨筋
  • 胸内筋膜
  • 横隔膜
  • 腰方形筋
  • 腸骨筋
  • 内転筋群
  • 後脛骨筋・長趾屈筋

となっています。

ハテナちゃん
う〜ん…あんまりピンとこないです。。
Tomy
運動の「主動筋」にはなりえない筋肉ばかりなので、名前を聞いてもピンとこないかもしれませんね。

 

深層フロントラインの特徴と役割

深層フロントラインには「高密度な筋膜」「遅発性の持続収縮型の筋線維」が多くなっています。

ハテナちゃん
高密度な…?遅発性の…??
Tomy
要するに「あまり動かない(動けない)組織」ということです。

これらの筋肉は”大きな収縮””素早い反応”には適さない筋肉群であるため、

  • 胴体内部の固定
  • 姿勢の維持

が主な役割となります。

また

  • ”横隔膜〜腰方形筋〜腸骨筋”の連動によって「呼吸のリズム」「歩くリズム」につなげる。
  • ”自立神経節”とつながっており「交感神経・副交感神経のバランス」に関与する。

などの役割も担っています。

ハテナちゃん
なるほど。呼吸のリズムと歩くリズムが合ってくるのは、このラインのおかげなんですね。

外面からは全く見えないラインですが、私たちが生きていく上では欠かせない働きをしています。

 

深層フロントラインのケアのポイント

このラインに起こる「機能障害」はほとんど目に見えません。

そのため見逃してしまいがちになりますが、機能低下が大きくなるにつれて表層の筋肉に対しても大きな影響を与え始めます。

ハテナちゃん
どんな影響があるんですか??
Tomy
例えば「腰方形筋」という筋肉を見てみましょう。

腰部に位置している「腰方形筋」は肋骨と骨盤をつないでいる筋肉です。

腰のだるさや疲れの多くは、この筋肉が原因になっています。

この筋肉がこわばると

  • 骨盤のバランスの乱れ
  • 反り腰の傾向
  • 腸腰筋のこわばり

などにつながります。

表面上に現れるこれらの症状の根本的な原因が「深層フロントライン」に内在していることも考えられます。

Tomy
なかなか改善しない慢性的な痛みやだるさの際は、一度「深層フロントライン」を疑ってみるのもアリかと思います。

 

まとめ

「深層フロントライン」は外から見えないことで軽視されがちなラインです。

しかし、全ラインの内側に収まっていることを考えるとその影響力の強さを感じます。

ぜひ丁寧にケアしてあげてください。

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

うぱ
では今日もありがとうぱ!

 

【シェア・ブックマークも忘れずに】

この記事の他にも「体のケア」に関するお役立ち情報を多数掲載しています。

「また後で見に来よう!」で見失わないように、シェア・ブックマークボタンをぜひご活用ください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

では改めまして…いつもありがとうございます。



<オススメ本の紹介>

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県出身。
現在は「健康」×「教育」の仕事に従事。

将来の夢は
「全ての人が毎日ストレッチする文化を創ること」。
”歯磨きすること”と同じくらいの感覚で、体のケアをする文化が広まれば、きっと世界を変えていける!と信じている。
マイペースで群れることが嫌いな典型的なB型気質。同居人(?)”うぱ”とののんびりライフを進行中。

【順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科(スポーツ医科学専攻)卒・日本ストレッチング協会(JSA)会員:協会認定ストレッチインストラクター:CSI】